新しい歌|人気の歌サイトのご案内

煙草なぞやめてしまえと恋人に口づけのたびマルボロの味 

うつくしく儚い煙草に火をつける女の顔と燃え尽きた灰 

生きる糧得るために 爪割り乍ら床を引き掻く紅い指先 

寂しくて 今日もどこかで ひとり酒 熱こもる身に こころ凍える 

朝久し くるんと丸まる 毛虫かな 暑さ苦しく 足をのびのび 

左手と左手つなぐ利き手では互いに仕事でも愛がある 

恋人の仕事の電話私だけあなたの甘えた声知ってるの 

ビー玉のころころと鳴る瓶ラムネ片手に見えた打ち上げ花火 

雨のなか ただ会いたくて 濡れねずみ 君のぬくもり ただ求めてる 

あの扉も きっと誰かの通り道 開けてあげるよ ぼくのためだよ 

梅雨明けの空に虹色ドロップス ハッカの飴は君にあげるね 

午前四時、ひとり背広のなりをして 遊具と戯れ雨粒浴びる  

約束を してもないのに 部屋の前 インターホンを じっとみつめる 

コーラ飲み海苔ピー食べてブルンブルン筋トレをして明日は医者行こ 

憚らぬ 口も虚ろに 成り行けば 真の甘さ 食む一匙 

流れ行く 明日も今日へと 過ぎるなら 昨日も明日と 変わり行くかな 

恋人よ今私の目の前におりこれから先も目の前にいて 

ふらり寄る家の近くの純喫茶煙草といつもの味カフェ・オーレ 

雑踏が 途絶えた街の 美しき 瞬く月と 信号機 

「髪の毛を少し短くしすぎたの」言い訳のサングラス『ノルウェイの森』 

仰向けにさせてみたってリラックスできないようだ我が家の猫は 

正直に気持ちを伝えてさえいればただそれだけでいいかもしれぬ 

泣くまいとこらえる君の ぼやけゆく想い乗せ線路は続く 果ては見えずや 

黄昏にビルの隙間を眺むれば寂しからずや一片ひとひらの空 

枕元置いた眼鏡は夢のなか度がきつすぎて今朝も盲目 

珪藻土の床に大の字 ひんやりな頭の上を西日が撫でる 

底のない快楽はない朝風に洗ったからだ 今日を求めて 

紫陽花の 紫よりも うつり気な 君の気持ちを 雨にたずねる 

冷蔵庫 深夜に開けばやわらかな光わたしはここにいたのだ 

イヤホンがどうにも耳に馴染まない密かなマイノリティがゆきます