歌会機能を追加するクラウドファンディング実施中
新しい歌|人気の歌サイトのご案内

うつせみのこゑもやうやくおとろへてくりかへし弾くワルトシュタイン 

コンビニのタピオカ名乗る蒟蒻を噛みキャッサバを知るような恋 

お土産に気が付かなくてごめんなさい。できれば早く殺してください。 

忘れてしまえ肩の荷はぶら下げた二本の腕のせいにでもして 

始球式 私が投げて いいですか なんでダメなの 私ダメなの 

クソ偏見 広める前に調べろよ 無知無知してていいのはグミだけ 

¥1,000-で四枚セット新しいパンツの僕を見る人もなく 

iPhoneで「祭・花火」と文字入れたLINEと同じ咲き散る光 

教科書に載っている公式よりも賢く生きる術を知りたい 

見た事も会ったこともない 「君が好き」 誰に向かって言っているのか 

しやせましせずやあらましまよふ間にはや夕ぐれとなりにけるかな 

‪引力の発生しない恋愛を‬「経験」と呼ぶ輪廻にはまる 

《霜月は非線形也》託宣が機械仕掛けの神より降りる 

便箋にとまるとんぼの透きとおる影ごと送る残暑お見舞い 

夏の夜のおとぎばなしをめくるよう屋台のあかり次々灯る 

淡々とクッキーを抜いていくような昨日に今日もそして明日も 

野分あとふりさけみればあまの原くものかたちのあきにちかづく 

さよならも言わせてくれぬ歳上の遠い背中に唇を噛む 

愛想よいつもりで笑うわれの目は藤田和日郎作かもしれず 

道端で のたうつ蝉の断末魔 もうすぐ夏が終わるそうです 

徘徊でまた保護された姑の引取りを拒否したい電話口 

君はただ 四方の嵐に 誘われて 沈める街の MÅNGATAモーンガータなり 

Skuita /揺らるるは En la lulilo d おさなごころの e / Infaneca,ゆりかごで / Mi ripozos sil星に包まれente, / Ankaŭ inter la s我も安からんteloj 

偲ぶのは我ゟ前の歌なれば 未生の縁とも有るものぞかし 

繰り返しあなたの名前呟いた 明日はきっと名前にくんを 

君からの大好きだけが欲しかった十五の僕に線香上げる 

台所だいどこの積もる皿には触れもせで比較優位の意味を説く君 

生きること、死ぬこと、どちらもしくじって帰れないなら私を呼んで 

陽に当たり今すぐ溶けて消えたいな どうして生きているかわからぬ 

すきなものえだまめあさり冷や奴自己紹介のほほゑましけれ