新しい歌|人気の歌サイトのご案内

馬たちは数億稼いで人参喰む走りに走り人参喰む 

擦過傷よ もう歌うな おれの昼をこの家の誰も眠るのだから 

「菜の花忌」十四歳より愛すなり 志立て「歴小」読みたり 

さびしいとファボ爆ばかりしてしまう そうですいつもさびしいんです 

さびしいと感じることが悲しくて こんなにいつも誰かいるのに 

知らぬ間に「苦くて黒い湯啜りつつ働く人」になってしまった 

この次にコップの氷が溶解しかちりというのを春と呼ぼうよ 

知らぬ街、駅前のカプセルの中、リヴァイアサンに飲まれてくこと 

もうマジで不要不急の五輪こそ自粛させよう 俺らが死ぬぞ 

なあ俺に寄らない猫よ俺は100万回のうちいくつめの家 

午前4時 音楽に殺される気がして、押し入れにギターを仕舞う 

井の中の蛙「ここには僕の他こんな色んな生き物がいる!」 

工事場の裏の奥には薄緑 ヨモギ摘み取りいと柔らかなり 

風車我が町なりの伸びやかな 風景の中に光りけるかな 

‪マフラーを編んだことがないから君と目が合わせられない、ごめんね 

‪シーソーが僕に傾く それだけのことで恋だと思うから春 

五メートル先の背中を追いながらもう繋がない右手を握る 

中止しろ とは言ってない 延期だの いつやるかだの 後でやれよな 

暗闇とテディベアの鳴る虎の刻 「私の勝ち」と3度も書けない 

インスタントは美味しくないとΣειρῆνεςセイレーン、優雅にパシャる午後のAvenue 

身長から160を引いただけ短歌を詠める(と聞いたのですが) 

ラテアート その一杯に気持ちを込めて 全て飲みす拍手喝采 

危機感を今更自覚したとして、時計の針はもう止まらない 

仮想ヴァーチャルに割り込む通知 画面端、現実リアルがこびりついているとこ 

お仕事はしんどいけれど社会へとつながる起点にもなるんだな 

唇は割れてプラハのフェネストラ乾いた朝の異端審問 

恵方巻き「何も言わずに食べよう」と 話して吹き出し「美味しい」とこぼす 

春日部の齢五つのtwerker ごめんねおらもう子供じゃないんだ 

雪かぶり つつじの蕾 縮こまり 透けて見えるは 春秘める赤 

お前たちがどこにいるか教えてやれmighty trumpet強えラッパに酔え狂人どもフリークス