永遠にすれ違えない夜がある 今でも君は奈落の光
0
真っ黒の街をスマホで照らし歩く闇を光で削っていく
0
冷えた街 ひとりぼっちの電飾が 雨粒に光灯し囁く
0
言論をテロで脅すな 言葉の威力信じて生きろ
0
真夜中の転職サイト 今よりは少し広めの牢に逝きたい
1
陸にいるのに苦しくて溺れそう できぬクロール 布団の上で
1
特別が普通になった二人でも恋は変わらず持続しますか?
0
この雨は明日の晴れへと続いてる 遠い西の空を見ていた
0
散歩中公園みつけはしゃぐ君何歳なのと微笑む我も
0
君からのLINE待ってるこの時間恋の爆撃うける我かな
0
母親の箪笥あけては服漁る母になりきる私が好きで
0
就活がんばってねと励ましてくれる祖母はコソコソしてる終活
0
車道にて音鳴らしたり爆音で深夜零時の若者ふたり
0
二番目になった私の人権は君の中にあったのでしょうか
1
火曜日に雨降ってると思い出す寝ずに過ごした君との時間
2
光りだす窓辺に雫が編む模様いつの間にか雨は止んでた
1
最初からその気でないならこれ以上振り回すなと喝を入れたり
0
縦横に別れる我らそれぞれの道を歩みし高三の冬
1
あの約束守らなくてもいいからさ針飲む約束守ってほしい
1
さつまいも食むこどもたち眺めをりろくでなしの今日にさよなら
0
色づく葉 朽ちていく葉を織り交ぜた燃ゆる命が秋を進める
0
これからの日本を担う皆さん子どもたちに懸けられた金はこれだけなのか
1
その中で芽吹いた恋が陽を浴びて スマホの持ち方ひとつで枯れる
2
この国の形を決める予算案 誰が望んだ原発と武器
0
夢の中一人前が食えなくて連れに笑われでもこれ鼠
0
三度目のテストで受かりお祝いは常備在庫の冷凍餃子
0
これでもうずっと寝れるぜお隣さんうちのテレビの音を気にせず
0
パソコンがこはれるごとく死ぬわけぢやないわけですよないわけですよ
0
間違いは 消えてなくなり 真実が 暴かれる時 人は頷く
0
怖ろしき 人がいるかも 知れないが ただ恐れれば それは幻想
0