頸筋に四季折々の掌が重なっており瞑想の夜
1
バッドエンドとかない 今朝も中央線の遅延情報を調べている
1
親が喜ぶから「好き」と食べて見せたホタルイカでえずく晩酌
1
北欧のパン捏ねたる老いた手よ伝統紡ぎし美しき手よ
1
大丈夫雨雲が全部隠してくれる あなたのこともわたしのことも
1
「歪む」って 「不正」って書くね、そういえば  あ、それだけです じゃあまた明日
1
吾子がえがいたデタラメな線にカンディンスキーの息吹宿りて
0
なんでもない夜にあなたとドーナツを食べられる関係になりたいのです
2
記念日に食べるフレンチもいいけれど なんでもない日のミスドも嬉しい
0
今年はもうニットの服は着おさめだ インターホンを春が押してる
1
最高な気分をいつも自分で台無しするのを 20年以上繰り返してる
1
めんどくさい あぁめんどくさい めんどくさい コレがずっと生活を牛耳る
0
へらへらと笑う貴方とその罪は もはや裁けぬ 私以外に
0
春なんて別れるだけで悲しくて出会いなんかは求めないから
4
三月の吹雪に縮むふきのとうゴメン私は春が嫌なの
4
友達から「終活中で」と数枚の布地届きてあれこれ思案
4
ただ空を見上げていたい、言う君に そっとしたる月の目薬
3
ほらここに君のためなら何だってしようと思う男が一人
2
静けさは ぬばたまの夜 薄氷の 撓むが如き 紅をひく月
2
音もなき 今際の淵に しずむなら 聞こえるだろう いつくしむ聲
2
願いかい? 生の期日に 音もなき みずのなかより そらをみること
1
舌先でドロップの文字読みながら君を待ちます 霖雨の間
1
やがて知れ うつろひの世を 行く河に 差す翳は吾 華曇らしむ
2
時給からはみ出す分の頑張りを靴で踏み消す深夜のバイト
5
もし君が また下の名で 僕のこと 呼んでくれたら それだけでいい
2
地下鉄を 彷徨う夜は 何気なく あの子のくれた 一輪が杖
3
市が推しのフレイル予防講習へそれを恐れる歳となりなば
6
いたづらに 苦界な生みそ きみがため 愛別離苦ぞ 已むなけれども
1
わがままを言ってしまって後悔す 「お前は何歳いくつだ」自分を殴る
6
ちま猫が 約10分に一回は 寝室に母を見に来る いじらし(もう寝よか)
8