新しい歌|人気の歌サイトのご案内

祖母ばあちゃんの名前を書いて釘を打つママの不思議なお人形遊び  0

「ゴールデンウィークは実家に帰るんですか?」 誰もが実家を好きと思うな  0

夜10時いきものがかりを聴きながらノートに何かを書いているのさ  0

絶対にコンソメパンチが最強だ誰が何と言おうともそう  3

くしゃくしゃと渇いた心つゆとなり宿す睫毛はぴんと上向く  5

ふゆのふをふと口にする幾万の人の吐息でゆきがうまれる  4

荷造り中 つっぱり棒が落ちてきた 手間が省けた 強がりです ええ  3

春の夜の風や夢路に通ふらむ覚めても同じ梅ヶ香ぞする  4

困らせて あなたの愛を 確かめる こんなことする 自分が嫌い  4

似合ってる あなたが触れた 髪飾り 家に帰って 何度もさわる  3

眠ってる あなたの胸に 耳をあて 心音聴いて 私も眠る  1

二点識別実験の爪楊枝 君に刺される痛覚に、幸  0

窓に月差してあなたのつかの間の眠りに青い毛布をかける  6

永遠にこない電車をふたりで待とう はだしのふたり十五のふたり  0

アヴェ·マリア聖寵満ち満てるマリアあなたが落としたかみなりですか  0

飼い猫が化けたか山のけものかと説も二つに割れる猫又   1

波よせて 遠ざかりて くりかえし 思い出すのは 春の陽のゆめ  0

ごましおをふって食べたい ふるさとでかたまっている 法事の赤飯  0

騒音か そうでないかを 議論する 子供の声に 賛否両論  3

少しだけ 歩く速度を 変えたなら 見えてくるはず 別の光景  3

横顔に そっと呟く 大好きと 口に出せずに 心の中で  1

弦を弾くきみのゆびさき月のように光りわたしを夜にいざなう  1

遠き山 光りふりつむ 青白の すんだ雪は 白き打掛  2

総人類蹂躙計画 手始めにお前からニャと飼い主を見る  10

「元気だよ」豚骨ベースの北風が声を連れ去る公衆電話  6

視地平の南群はいむぶしをめじるしに風食む鳥は雲居より去る  0

休日にお茶を点てては「結構な御点前でした」ひとり挨拶  4

密室にずる暴力 その素顔 外側からは決して見えぬ  5

ユーチューブ飽きちゃったしな何かないか何もないよな寝て休もう  2

ああ今日もタイムラインは殺伐さつばつとしている 僕も彷徨さまよっている  8