新しい歌|人気の歌サイトのご案内

「ああ」とだけ溜め息を吐く君の白さが僕を暑くするのだ  3

かけてゆく 長い黒髪なびかせて 青く点滅している朝に  4

全身が喜んでいる お布団の中に入った労働の後  3

君という星に惹かれて堕ちていく 嬉しくもあり哀しくもあり  5

路地裏に誰が置いたかワンカップ濡れたガラスがきらきら光る  7

雪のこる 庭駆け回る黒猫の 弾丸の背に 陽射し輝く   2

サラサラの 砂の便箋 大好きと 書いた手紙を 波がかき消す  1

夕焼けは 強がる僕を 抱きしめて 背中トントン 泣かしてくれる  1

「きみとぼく変われないから友達と呼ぶんだ」変わる気もないくせに  3

犬の君君は心の友なのにぼくは犬だと尻尾をあげる  2

嫌なことたたみ込むよにやってくる逃げてもいいかと犬に聴いたり  2

〝 愛おしさぜんぶ抱えて生きてきて 〟そんな願いは叶わぬ戀だ  1