想い出を話せば言葉溢れ出す 夏は私をお喋りにする
17
先生の手作り温泉大にぎわい お泊まり保育「ああ、いい湯だなー」
17
電子版ローカル新聞見出しには歩いて行けるケーキ屋の記事
17
西の空 夕陽を隠す雲の峰 梅雨明けしこと思い知らさる
17
月明かり 窓より入りて 闇照らす 心も円く 包まれてゆく
17
盛り上がる今日より先に手に入れた穴子を出して土用丑の日
17
今年なら「穴子だよ」って堂々と出せる価格や土用丑の日
17
宅食でうなぎ食む母 豪華版 ちょっとお値段も豪華だけれど>月一でごちそうを頼めるそうな
17
土用丑習慣の無い東北は魚籠のどじょうを食べてた昭和
17
海の底に揺れる海苔みたいな街で海月みたいに私生きてゆく
16
見上げれば 夏の月夜は 変はらぬが 地球の温度 変はりゆくかな
16
苦しいとわかってくれる人がいる それだけで当事者ひとは救われている
16
二階より一階上の病棟へ兄は楽土へ一段近づく
16
のびーする ねこの「パー」のて かわいいな まくらにはんぶん おかおをうめて
16
猛暑日は庭にも出ずにひきこもりグッタリ花々吾を呼ぶらしい
16
真夜中に娘がブログ書いてると知らぬ野太い母の「もう寝ろ!」
16
夏陽浴び百日紅の花鮮やかに逝く紫陽花の供花くげとおぼゆる
16
「太陽がドカーンと調子乗りすぎや」 夫はときどき小学男児
16
トンボの背 青く染まりし 夏色に 自然の不思議 理にかなひけり
16
エアコンのスイッチオフのタイミング 捕まえきれずに二日目の朝
16
信号がずっと青でさ五年前別れた君を思い出したよ
16
ひとりあそび ちま猫ちゃんの ぼーるさん あそびおわって 廊下にポツン⚽️
15
あな悲し 二日分の洗濯物 干し終えた途端 雨の降り出す
15
向日葵を見たいという子を抱っこして増した重みに成長感ず
15
蝉の声風鈴のと甚兵衛の衣擦れの音 夏が聞こえる
15
「じーちゃん」と呼ばれてひさしき吾なれど自治会若手のペーペーにして/もうすぐ盆踊り
15
努力って実を結ばないその時期に戻る保証を選べなかった
15
梅雨明けて みじかい梅雨となりました さぁ酷暑なり 乗り切ろうぜ、母
15
流水できゅうり洗えば真あたらし棘の痛みに命感じる
15
蒸す夜に ふと空見れば そこだけは 別世界のごと 涼しげな月
15