新しい歌|人気の歌サイトのご案内

雨音と ビルエバンスと 珈琲と 背伸びしてむ煙草の味と 

星渡り付箋を拾い終着点 アンドロメダが僕を呼んでる 

あらあ もうゴミ収集車は行っちゃった 生ゴミ袋ぶら下げ帰る 

表現に飢えたからだと走り出す 呼吸のリズムで世界を回せ 

幾何の   微 嘘な小 を   初期値   と   し 宙は回 宇 る よる回 

窓震わす怒鳴り声テレビから流れる曲を「悲愴」と名づける 

うつむいて歩いていたら生け垣の低いところにかまきりの宿 

黎明にしろい小指をつきさしたインターネット・マジョリティ、きみ 

「サクラチルお祈り申し上げてます」ああ字面だけなら風流じゃないか 

高輪ゲートウェイ新駅の呼び方をタカゲかナワゲで迷うJK 

すっぽりと眠りに落ちてぐっすりと眠り続けてぱっちり起きた (すっきり!) 

この家は透明な檻のようなんだ呼吸できずに胸元つかむ 

遠雷えんらいに震えてしまう 階段を上がる音に似てるから 

特別に願うことなどないけれど 僕が死ぬ日は雨の日がいい 

雪を負ひて翌檜の木は立ちにけり見ぬ世へと吹く風に巻かれて 

恋文を手にしたきみの会計は屋上レジでお願いします 

無難という道を歩けばそれはまた良い選択と言えるだろうが 

iPhoneと共にトイレに流れてく君との半年あぁさようなら 

男壬にん 男辰しん せる男良むすめ  のまろき丹田が纏う腹帯はるびはISSEY MIYAKE 

夜桜の下をくぐれば天ノ川 淡き仄かな虚の紅潮 

にんじんとキャベツが甘く美しく 卵は全て優しく包む 

夜明け前 狭い階段忙しなく疾走って降る新聞配達