生活を断片的に切り取って集めて誰にも渡したくない 

たっぷりのウールの壁におおわれた首のうぶ毛をさわさわなぞる 

雛の頃つむじを見下ろしたるこれが巣立つ時には仰ぎ見る彼 

初雪やバランスボールアマゾンで今年も買う妻ここにいる 

排水を向う岸へとハイジャンプ 隣の畑偵察へ行く 

ほの暗い部屋から出られぬあの人は今日も私に花泥棒させ 

しあわせな結婚式を見た夜にバウムクーヘンひとりでかじる  

「生まれたくなかった」は「生まないでほしかった」とはやや違うはずだが 

この傷にキスをください愛される理由になれば救われるから 

4Kの猫の動画は瞳もひげも綺麗に分かる 猫の感情 

今までのまばたき全て回収しその空白を君で埋めたい 

パチンコの玉の流れる音が好き 夏の小川のせせらぎに似て 

インスタのアイコン加工半日も 美人嫌だし不細工も嫌 

八時間睡眠のこの万能感 口に出してみる「光あれ」 

おやすみを、洒落にならないおやすみを、言ってあなたのいる合歓の木に 

おそらくは辿り着けずに沈むだろう それでも僕は流し続ける 

誤って生まれてしまった家ひとつ葬るための虹をかけよう 

ヘイsiri いつもつまずくこの僕のアップデートはいつになるのか 

僕たちは天使のあの子の目が四肢が光を集めるさまを見るだけ 

走り去る 電車の音を知らないで 生きていたかと今更に知る  

「『死ねよ』」とか、そんな陳腐な一言で、人は死ぬよ」 と、言っていた遺体キミ 

花の雨 カーテンコールに降り注ぎ 跪くしかできない僕は 

あなたにもいろいろあったのでしょうから生んでしまったことは責めない 

指入れて無理やり剥がす掛け布団 理想の寝床 そら豆に嫉妬 

胸の奥 燻り焦げた匂いなど どうか気が付かないでと願う 

ときめきも多分栄養素の一種、過剰摂取で腹を下した 

行列に下流から並び直すときひとつ自分を好きになります 

屋上からカスタネットを降らせよう音が止んだらきっと目が合う 

視力0.1 ぼんやり見える ハチ公像 あの茶色は きっと君のコート  

いつまでも一緒にいられたらいいね明日は笹で船を編もうね