ハルシオンを ハイボールで 流し込む コレでもマシに なったほうかな 

財布には210円あるけれど交通費だからエナドリ買えねぇ 

存在と仮想のぼやけた境界でゆらゆら泳ぐスタバの人魚 

夜勤明けでも構わない子とルンバ声を上げたり突進したり 

かなしさを[返歌] 経験しただけ やさしさを 得るのでしょうね 皆人みなびとたちは 

袖章が幾年の労ねぎらひて静謐なる朝父退官す 

透明が弾けるように笑いあう子らの制服若草の香 

僕は何? アイデンティティとか、 定義付け? 思うがままに 生きたいだけです 

いいゴミが拾えたような気がしますとてもすてきな人生でした 

眠りすら薬頼りの情けない私が代わってやるから、おやすみ 

賛成の星のまたたき五割以下、よって就寝否決となります 

脱毛をしよう夏服見に行こうそれで前見て歩けるならば 

ゆめ、きぼう、みらい、きらきらたくさんで紡がれた輪が首を待ってる 

うららかな春の朝日の祝福を致死量浴びた死体が目覚める 

ドングリはブナになれない園児らに賞金稼ぎの目で拾われて 

なんどでも恋をするのだ いちどすらわたしを好きにならないひとに 

きみはきみのにおいがしてる 同じシャンプー使ったあとでも 

取り出して眺めてしまう思い出は反芻されてダイヤの硬度 

言いかけた言葉が胸に突き刺さる 恋は一種の拷問なので 

光るから火球なのかと思ったら毎秒5kmですすむ点P 

パソコンをピコピコとよぶ祖母のため買はれしアレクサヒーローとなる 

変わりゆく時代の中で変われずに「変わり者だ」と揶揄される僕 

選択をせずに置いてけぼりにした過去の自分に会いたい春夜 

雨の音?聞こえづらくて窓開ける水の匂いが土にぶつかる 

世界から嫌われたかった 夕立を切り裂く銀のカミソリになる 

「荷物なら持つよ」と出した左手をほんとはきみと繋ぎたかった 

溜め込んだ洗濯物を干してみて計画性の偉大さを知る 

きみとなら死んでもいいよ、でもたぶん生きてもいいと思うんだよね 

おい貴様 泣いても無駄だ 午後ティーを午前に飲んだ罪で逮捕だ 

君のため死ぬとか言う気はないけれど小走りになるくらいはするよ