剪定を終えた木槿の切り口から光が漏れている冬の庭
2
百年と言い出しっぺが先に逝く人生なんて皮肉なもんさ
2
幸せは言葉にすればちっぽけで誰かに見せるためにはなくて
2
おやすみを言わずに夜が更けていくあなたの寝息だけを残して
2
君がいた証拠のように残された並んだ座椅子 並んだ枕
2
幸せを願うことこそ愛ならば私ようやく君を愛せた
2
チャーハンとピラフみたいな私たち同じになれない悲しみを知る
2
テレパシー伝わる世界だったならきっと私は生まれてないね
2
雲ひとつない青空でも陽はなくて真っ黒の影で寒い街東京
2
空腹を楽しもうかなど愚かしいつい魔が差して医院で思う
2
格好いい?あいつは結構天然よそうやって笑えるあなたはずるい
2
人類も文明社会もこの星もいつかは皆滅んでゆくのに
2
誰からも怒られなくて笑われない唯一無二の夢が欲しいな
2
嫌われて 捨てられたって いいじゃんか それが正常 当たり前だし
2
自らが 作った曲を 聞きながら 短歌を作る 幸せ尽くし
2
あの子役もうおじさんかと思いながらふと鏡を見る私も老けた
2
リビングに笑う祖母子の声を聞き 私はお粥を一口もらう
2
愛してる」 言われたことはないんだけれど、おかえり。をまいにちくれるから「
2
貪欲な純粋と強欲な戯言が交わる大きな背中
2
現在進行形で続いている会話の全てが宇宙の真理
2
零点弐など見えもせず悉く零点九に持ち替える武器pen
2
死んじゃったじいちゃんの顔 赤色のめっちゃ可愛い額でおめかし
2
腹を踏む五キログラム 明らむ空の外に出せと催促し鳴く
2
駒に染みありてスパイと中将が判つてしまふ軍人将棋
2
おやすみのあとすぐ寝た君の寝息が夜の海へ私を誘う
2
彼氏いる? どこ住み? ラインやってるの? そっかぁ、ところで今何問目?
2
生肉を触ったようなやわらかさ君も生きてて私も生きてる
2
税務署へ 確定申告 訳わからん スマホ持ってた だけの年寄り
2
マグマ大使はどうやってあの変態を遂げるのか小窓におもう
2
いつもより0.5合多く炊く。だってカレー、家族ですもの。
2