ホッピーの中身を一つ頼む君 僕にもひとつお願いします 

コンクリートのひびに滲みこむ雨水の今日の模様が示す運勢  

影になり残像になり夢となってここから消えてもあなたのこと 好き  

若さなど足枷でしかなかったな ガラスの靴も痛いだけだし 

我が家では爺ちゃん最強説があり最弱は常に僕でありたい 

去り難し. 暖かな窓 子らの声 踵を返し 夜の山を下る  

ゆうぞらもかえすことばもなかりかな 鳥の一羽を素描したらば 

その棘は孤独から身を守るため 太古のもみじ 捨て子ステゴサウルス 

目を覚ましのっそりと起き窓開ける冷たい空気秋が来ていた 

ここならばあなたと来ても怖くないプラタナスには目玉があるし 

窓震えあなたの声はここに来る開けてしまえば街しかなくて 

襲い来る兎のような風だった一心不乱に齧られた街 

君という予定なくなり秋長し暇潰しなら私にしなよ 

憧れは薔薇色の人生ラヴィアンローズ さて今の我が人生何色でしょうか  

そうやって酒に溺れる夜がくる喜と哀のうち哀ばかりだな 

女優だろ演じきるのだ言ってみろ人肌なんか恋しくないと 

きっとまた広い時空の何処かにて他の私なら愛し愛され 

LINEアカ交換もう古いよね 今はインスタ でもどうすれば?   

父に母に 命断たれし少年のチンポはついにむけることなし 

彼方あちらにも咲いてるだろうか曼珠沙華 決して季節を違わない花 

赤上げて白上げないで赤下げない 令和のガキに何がわかるか 

空高く 飛び立つ蜻蛉眺めつつ 文字を転がす 31 

玄関に子らが集めた夏名残 向日葵の種蝉の抜け殻 

センセーは参列するのしないのと国葬踏み絵 あっ呼ばれてないの・・・ 

眠いのに飲めない子ども抱っこして小声で歌うゆりかごのうた 

パイの出ぬ母では駄目と呼び出され暗闇の中行ったり来たり 

ススキの穂風に吹かれて白銀の波となり声吞み込んで揺れ 

母さんの心に息を吹き込んでとうきび炒飯食べよう好きでしょ 

言い出せず溢れ出してくこの気持ち そのまま捨てよう叶わぬ恋だ 

風が駆け無数のススキなびいてる今宵も魔女が物色に来る