歌会機能を追加するクラウドファンディング実施中
新しい歌|人気の歌サイトのご案内

組長にぶん殴られたそのわけは書き間違えの「所中御見舞」 

七夕の別れの涙落ち添ひて露置き増さる軒の梶の葉 

気がつけば寄り添いあえる友は無し灯りの消せぬ夏の宵闇 

天国に一番近い君の腕 目が覚め握る白に抱かれる 

ミニスカートを履いた日に会いたくて君の乗ってる電車を選ぶ 

テンソルの深き森より立ち出づる普見者アルゴスの眼とDデジタル. レーニン 

実軸と虚軸の条里しろしめすe=-1聖なる式を乙女はひらく 

起きた時思い出せないその人はこれから出会う人なのかもなあ 

ゔ〜〜んと時たま唸る冷やい箱明日まで私を匿い給え 

成分のメインが胡瓜のパックして浅漬けにされてるような錯覚 

日中に溜まって喉を焼く毒を化粧と一緒に溶かして流そう 

深き夜のラジオが話す「女」と「エロ」は遠くて少し不可解 

駆け抜ける朝の路地裏 自転車の風になびくはまっさらの髪 

パイの実が放り込まれた口内はお祭り騒ぎ ドンドコドン カッ! 

この体流れる大河の激流と地殻変動溜息台風タイフーン 

太陽の熱線浴びて染み付くは生きた証の地図かな多分 

その海の波音、反射する光 とらえた動画をシェアする電波 

十三時 ピアノの音もとけていく スイカバーからしたたる雫 

透明度うせつつ赤みおびてゆくえびのすがたをぢつとみてゐた 

階段を流れる水の冷たさに立ちどまりつつ森をみている 

「あの雲さ、夏って感じする」「わかる」さっきもしたね同じ会話を 

からころん 涼しくはぜる サイダーの 下から眺む 君の横顔 

水うてば土のにほひのたちのぼる庭にたたずむなつのたそがれ 

この星のまばゆい夏の引力で真桑瓜たち落ちては光る 

親戚の子供に笑いかけている まともな人の振りをしている 

仏像の花にアゲハが廻りける両手を合わせて祈る仕草で 

蝉みたく行動できたら大切に今日一日を生きられるはず 

まさをなる空よりせみのしぐれ降る夏たけなはとなりにけるかな 

どうかまだ眠っていてくれよと願うわたしの中のくりいろの希死 

小児科と内科のあはひかるく病む吾子とあゆめば片陰の濃き