空仰ぎ藍の絵の具を筆に取り絵の具バケツの水こぼし
2
十分の遅れの知らせに、客は騒がす。次の列車は、二時間後ゆえ。
0
見上げれば魚群の如く銀杏の葉常緑樹なりと見紛うばかりに
1
若葉にも小学生にも大人にも今日も等しく空は青くて
2
傾ければ暖気のように忍びくるコーンポタージュに雨を予感し
1
午後に起きパンツ一丁で家事をする誰にもいえない確かな喜び
1
進捗どう? 慌てて資料を掻き集め 昼休みくらい 無になりたいのに
0
髪とかし眉を整えめかしこみ 光に誘われ水銀灯へ
0
ハローキティの団扇やレースの敷物が此処をなんとか実家にしている
4
「沼津という街でxの値を求めていたころ、会っていればな」
3
イメージと動かすリアルかみ合わず 苦笑いする錆びしロボット
3
百合の花 妄想のまま 推しカプの 攻守うけせめ替えて 二度美味しいな
0
ウインカーつけて曲がってゆく車しずかな夜を眠れずにいる
3
どれだけの涙を流したこれまでに試合に負けても勝負に勝つの
0
きんようび 今日のお昼は外にしよう 私のわたしを洗濯しよう
1
生まれ持つからだの鎖 耐えかねて 分裂するの俺・僕・わたし
6
からだだよバストウェストヒップだよ晒してみたり軽く切ったり
1
‪応募は貴社、面接で御社。入って弊社、慣れて当社で結局退社、今は他社‬。多謝??
1
こうすればいいのだろうと書き上げた感想文でゲトった佳作
1
赤ちゃんの顔かつオレのデコ山とほぼサイズの紫陽花駅前に咲く
1
最中の音を 「おならだからね!」と ごまかす彼女のバグったハニカミ全力LOVE!
3
誘拐犯に撮られたような顔だけど 貼るしかないし送るしかない
8
美容師さん 顔に被せた布への目配りお願いね いま右目3/4出てる
1
朱印船 和同開珎 御成門 ナイチンゲール あの頃のぼくら
1
行儀よく真面目しか出来やしなかった 先生が怖くてちゃんと窓拭いた
3
夜中起きふいにスマホでツイッターリプを飛ばして眠れなくなり
1
一体何故こんなことにと思い続けたまま死ぬのだろうね、雪の日がいい
1
恋のうたを詠むような女にはなりたくない と思ってはや二十年、恋自体ない
1
生といふ柩に生まれそのうちで一声嗚咽する程度のこの生
3
夜のアジア茶には魔術の熱があるね 星錆で淹れているんだときみは嘘言う
0