僕が「ぬるぽ」っていってもきっと君は「ガッ」って返してくれないんだよね
3
膝立ちであなたを想い中指を溢れるけれど届かぬソコは
3
夏に雪降ってもどうせグッドバイ煩わしさに無視するだろう
3
毒みたい君の送った優しさが 眠りつくまでクマよ守って
3
始発🈵、立ってる方も🈵、暑いと皆早い
3
始発めちゃ混みは、夏休みスタートですね^_^
3
アオハルな日々よみがえる 元カノと 画面の向こうのそっくりな君
3
イマドコだ?石で背中を焼いた夏 川触れ魚になった夏
3
エゴイズム?(どんなポーズでスタンスを固めればいいの 霞む主犯格アウラよ)
3
推してもダメなら退け、その界隈から。残高よく見ろ、破滅すんなよ。
3
窓越しの彼の眉間に見えた赤 このまま引き金引けば成功
3
この人は何人ころしたのかなと無人の駅で君がつぶやく
3
小娘の頃の私を 降臨おろすって 自信の無さまでセットなのツラッ
3
クソ頭賽銭箱でやっつけりゃズルリ大脳ヒクヒク動くも
3
昨日から「アッパレ!」住んでるのよ「アッパレ!」耳の穴に「ィヨォ〜!」ドキチガイの「蹴鞠でもするかの?」公家
3
闇に君の吐き出す白を眺めてる 私たちどこにも行けない
3
思い出す高校生の頃 打楽器運びと眩しい照明、まぁ綺麗
3
年上の バイクの君に 今夜だけ 思いを馳せて 呑んだくれ寝る
3
始発は大混雑、✈️の方おおし、夏休み、いいなぁ
3
「心臓の音を聞いて」 大丈夫 私の耳はそのためにある
3
魚籠のどぜうとは野趣あり旨し 鰻なんぞはおこちゃまの食
3
毎日暑すぎ、外には行けず、熱中症なるのわかりますが運動不足
3
愛欲が血潮をめぐり咲く花はこの一瞬を永遠にする
3
鉄板のお好み焼きが爆ぜている 昔は守って焼いていたっけ
3
できるだけ大きく息をつきなさい固い結び目はハサミで切れよ
3
蝉焼いて醤油つければ旨いとさ 脱け殻素揚げに塩ふれ大人女おとめ
3
日本橋朝の七時で既に蒸す 汗に湿りしころも替えたし
3
この夏が高まってまだ煌めいて僕の悲しさは影すらない
3
大真面目でトカゲの味について議論をすれば明日は辻に捨ててくる予定
3
農作業する母の左手チラと光って堪らず吹くはそれが園芸時リングだからに他ならない
3