角砂糖が融けてくようなぬくもりは ゆめかうつつか、まぼろしなのか
8
夢の中で雪まみれでフレディとグータッチしたけどノリ悪くって
4
躊躇や薔薇をさらりと書ける人妬み嫉みで嫌になりそ
4
躓いて「だいじょび?」「ボンジョビ」「アンチョビ」とふたりボケ倒す午後
9
学ランもスカーフも空も桜も校庭の君も眩しかった
4
ありがとうリサイクルショップに来てくれて年下だけど、だから頼れる
7
うらみます 穴に落ちても 全力で 思考の中で 死刑宣告
7
昨日まで好きだった人 春の陽が今日からすこしあたたかくなる
6
「できたよ!」と つかまり立ちで満足げ 孫の姿は期間限定
15
「なんとなく好きになった」と君に言う。嘘じゃないのに、どうして怒るの。
8
顔だけは本当に良いんだモロタイプ 顔面優勝!性格はさておき
6
好きじゃない いやまじ本当こんな奴 顔が良いだけ推しじゃないから
6
納得がいかないままに沼に落ち 死角から刺され あとは滅茶苦茶
7
現代の怪獣は一斉に動き出す 青リンゴの点滅に誘われて
4
我に告ぐ 反芻するな 嫌な奴 頭の中を 占拠させるな
17
きみがいる/きみがいない の境目を縫うチューリップはまだ透明で
11
「平日」と 名乗る怪物 から逃げて 必死に綴る 31字
10
たった一秒でも早く君を助けるために駆け出す赤信号
5
「素直だね」 言われて 馬鹿にされてると 思う私は 素直じゃないよ♪
7
胃の中の 胃液の海の 砂浜で 静かに眠る 夜明けと共に
6
いま春が、冬に憧れ追ってきた。交われぬこと知っていながら。
5
快晴の 空見上げれば 降ってくる 憂鬱という 別の地球が
7
この橋を渡れば彼の家があるいい友達になり過去になり
4
嫉妬深いと気づく二年の暮らしから悋気諍い詠むようになり
4
鏡絵を描く余裕あり「さようなら」言ってから句を歌を休んで
4
「いってらっしゃい」「いってきます」の普通からALSの妻は病室
7
花冷えだ もいちどおでんが食べたいね たまごと大根 おすすめもひとつ
3
深夜二時 宇宙を探しにきみとふたり 海岸沿いのファミレスでパフェ
5
吾母の味はサッポロ味噌ラーメン わたしの丼にはたまごがふたつ
8
雨の日に出そうと決めたうたがあり すすむ桜にきけば水曜
8