まくねがお    フォロー 56 フォロワー 41 投稿数 382

僕たちは なみだ流さず泣いていい なぐさめあって はげましあって

懸命に ただ懸命に生きている それをそのまま ただそのままに 

躁状態! 多動のトビラを開け放つ! あっちだこっちだいやいや向こうだ! 

鬱モード… 閉じた小部屋にひきこもる… 過去の自分は自分じゃないの… 

さあ今日はホントいきなり詠んでみよ うーんとえっと どうしようかな 

ややこしくこじれこじらせぐちゃぐちゃにねじれた先に何があるのか 

おいマジか ハラスメントの自認なく辞任もなけりゃ留任てのは 

ユーモアと力強さが同居する歌が好みで近づきたくて 

黒い雲 今は真下で向こうには紺碧の空 その真下へと 

醜くて身も蓋もない嫉妬心 まずは言葉へ変えて寄り添う 

やすみだし もうちょい寝ちゃお 一日が短くなって寂しいけれど 

行きがけに持ってきた傘 帰りがけには持ってない 予想通りさ 

没頭し我に還ると歌が在る 繰り返し詠む無名の忘我 

ひーぐえー ひとり身悶えする男 そんな貴方あなたさちよあれかし 

真っ当な感性であれ 病むことも真っ当なればこそのあかしで 

どうすればいい どうすればいい どうすればいい どうもしなければいい 

紅い実をつけた野ばらを活けていた小瓶 横切るこもれの道 

札幌のすすきのにあるラーメン屋『すすり』の麺とお肉の調和 

豚丼をひっくり返した悲しみも すぐ忘れるの 不注意だもの 

栄養はセイコーマートで取っている 道産ふきの煮物が好み 

「ゆうひすごーい! ママゆうひすごーい!」「本当ね」「すごいよママー!」「ええ凄いわね」 

嫌悪しているところへと回帰する世界の不思議に怖気おぞけを感ず 

離せないスマホあるから話さない 寝起きも昼も夜寝る前も 

あんまりさ 難しいこと考えず 浮かんだことを詠んだらいいよ 

その人が悩み苦しむ弱さこそ誰かと共に生きさせていく 

僕たちの間 引き裂く分断線 嫉妬・蔑視の顔をしている 

夕暮れがあらゆるものを暖かく包み染め上げ眠らせていく 

今日も詠む ことばあそびが好きなんで ひとりあそびも大好きなんで 

「忙しいところをどうもすみません」 いかんしまった また言わせたか 

おい短歌 立たんか啖呵切ったんか 単騎で来んか 点火させんか 

セックスは自分がキモチワルくないことを確認したくてするの