松本直哉    フォロー 4 フォロワー 3 投稿数 142

買ひ物の不便な街に住みなれてひと駅ぶんの散歩楽しき 

ほのかにぞ寝覚めの床にかをりけるきみのたをりしフリージアの花 

手毬唄うたひてかへる子どもらの影ながくなる春の夕暮れ 

いつの日か時の終はりの来たりなば絞り芙蓉のままに朽ちなむ 

「しつかりと」ばかりいはれて生きてきた男といふ名の罰ゲームだつた 

すり鉢の底までたどるくらがりの巡礼の年ダンテを読んで 

幾歳月こえさりゆかば原子炉の消えなむ国ぞ今日もなゐふる 

ぬばたまの髪ふりほどく門のそと校則といふほだしをよそに 

関係文綾なす森をふみわけてプルースト読む学園の午後 

沈丁の香りほのかに小夜ふけて「義に飢ゑ渇くひとはさいはひ」 

ヴァロワ朝系図うつくし解きがたき糸幾重にも結ぼほれつつ 

しながとり猪名野をゆけばぬばたまの夜空をこがす大輪の花 

はるかなるひとを恋ふとてふすよるもへだたる世にも穗にいでめやも  

つぼみいまだかたしといへどこうほのかみつつかすむ桜の並木 

かろやかに歌ひだしたるセロのふしチャイコフスキーのロココスタイル 

‪ふり仰ぐ空に電線スパゲッティかくもはかなき命綱かな‬ 

バイロイト「指輪」ラジオにながれつつ煮しめくろまめ炊く年の暮れ 

芋ひとつころがる納屋のくらがりの手負ひの鹿の風雅な眸 

材木座海岸の夏果てにけり空舞ふ鳶の声の切れぎれ 

冥府よりメールマガジンとどくゆめオルフェの琴にねむる番犬 

箸といふやさしき道具たべものをきずつけぬままふはりとすくふ 

よのなかはあそびをせんとや生まれけんかりがねわたる浮き雲の空 

瑞垣のひさしき世より恋ひそめき妹とへめぐる芍薬の園 

霧ふかきあさの根本中堂にふとくひびかふ勤行の声 

元号もやまとことばになさつたら?それほどからがお嫌ひならば 

肉体ははかなき器橄欖山登りしのちの睡魔はげしき 

ペンギンも飼育係りもなかりけり避難命令解除いくとせ 

薤上の露も干にけりなつかしき友の訃とどくはるのゆふぐれ 

のんびりと毛づくろひするまどぎはの金色の毛の猫になりたし 

震度六ゆれてこなごな姿見のひかり危き水無月のあさ