松本直哉    フォロー 4 フォロワー 3 投稿数 142

カーテンをしめてだきあふまひるまのあやめもわかぬわたつみの底 

北溟の鯤てふ大魚わが家に飼はんとしたるゆめみてめざむ 

こんなにもみどりまぶしい五月の日ネクタイえらぶ弔問のため 

ほほのなみだぬぐつてかるくキスをしてしやくりあげる子ねむらせる夜 

よりたかくよりたかくこぐぶらんこよしきゐをこえてこの世の外へ 

いのる手の花をひらいてときはなつ蝶のゆくへを知るよしもがな 

こころなきやまの風かな吹くからに薔薇の花々雪と散りぬる 

難波江の蘆のかりねの夢のあと天を摩す墓碑ひしめき立つも 

ことばなどおぼえなければよかつたな薔薇咲きほこる庭にたたずむ 

遠景の少年の曳くくるまより白線いづる夏のグラウンド 

きみを抱くよるのしじまにカーテンのふはりとうごく風はらみつつ 

わがこころ千千にみだれてくすのきのなみきをゆけばあはき樟の香 

かずしれぬつぼみほころぶあぢさゐのつゆわすれずよひとのおもかげ 

鈴ならば玲瓏と鳴りいださまし風にゆらるるヂギタリスのはな 

なじみなき香りまとへるをとめごの日々とほざかるはつなつの距離 

咲きみちてさつきの庭の昼しづかゆめよりかろき蝶のかげさす 

はなびらのかずかぎりなく咲き重りあえかにたわむばらのひと枝 

朝な朝な来ては世界のねぢをまく鳥のすがたはみえないままに 

ひざ曲げてつばさたたんでねむるらん薔薇の内部の薔薇の妖精 

とこしへの愛などもはやたのまねど薔薇咲きにほふ聖五月かな 

小夜鳴き鳥こゑのかぎりになくゆゑにけさいちりんの薔薇咲きそむる 

しらたまのうなじの細きをさなごを蝶よ花よといつくしみつつ 

結局は消費してゐるだけだらう肉もマンガも天皇さへも 

ありし日のきみとのぼりし石段をひとりのぼればみどりあふるる 

柔肌のあつき血潮の色をして薔薇咲きいづるさつきのひかり 

夏服にそでをとほせばよみがへる去年のなつのくちづけの味 

はじめての薔薇咲きそむるこのあした春のなごりの風光りつつ 

さみどりのもゆるけやきのなみきみち母の忌日に母の恋しき 

空襲に家を焼かれし母なれど亜米利加にくしとつひに言はざりき 

こでまりのはな咲きいでぬあづさゆみはるの光のふる庭さきに