松本直哉    フォロー 4 フォロワー 3 投稿数 142

あんず咲くローマの春の謝肉祭やそのちまたにあへる子や誰 

狷介な雄のけもののにほひして走りすぎにし体育少年 

夕かげの名残りたゆたふくれなゐの山の端みればいでし月かも 

ひさかたのひかりの朝のふつか酔ひ所詮この世は一炊の夢 

むらさめにひぐらしのこゑ途絶えしてさりゆく夏の花園のゆめ 

ゆすらうめ薄くやさしきももいろのはなさく庭をしばしたたずむ 

すずやすず風鈴をだまきくりかへしアイスキュロスの韋編たえつつ 

吾妹子よいざ旅に出んめづらしき花々の咲く閑雅のくにへ 

ムルソーのもとには来ずや異邦人救ふといへる万軍の主は 

はかなくも滅びにいたる河なれやタイムラインにさくらながるる 

さよならもいはずわかれしひと思ふ夢のもつれのはてのあけぼの 

あしたより夕べをこのみ春よりも秋を愛するをみなごなりき 

生え際に産毛のけぶるみどりごにほほをよすればミルクのにほひ 

柳腰のその名はローラ夜もすがらコパカバーナにをどりをどれば 

須磨の海ほがらほがらにあけゆけば通ふ千鳥の声ぞかなしき 

くれなゐのうるしの椀に汁はればかつをのだしの香のにほひたつ 

清明の空はれわたる春の朝誕辰の子の髪つややかに 

津のくにのなにはなくとも湯豆腐と納豆あればみちたりて生く 

日照雨そばへ過ぎいこまの山をながむればほのかにのこる虹の断片 

あづけたる園の電話にはせゆけばちひさき額に熱さまし貼る 

夢の世に身のおきどころなきままに如月やよいはやも過ぎにき 

病める子のつぶらまなこにあまえれば添ひ寝せむとてエプロンはづす 

よもぎつみゆがけば青みあざやかに春の団子にいろどり添ふる 

選挙車の連呼に目覚め泣き叫ぶかはいさうな子選挙滅びよ 

靴ひもを解く値うちさへなき我といへども春のあはれ身にしむ 

魂を陰干しにして春ふかく昔のひとをしのぶもぢずり 

思ひ川わたればくらき通ひ路に沢の蛍のあくがれいづる 

たましひのくらがり峠今日も雨妥協といふことつゆしらぬまに 

恩寵はすべてのものに紫木蓮白木蓮の花の上にも 

「詠歌大概」ゆきなやみつつよむ日々の春のはじめのゆきやなぎ咲く