干寝区礼男  フォロー 16 フォロワー 16 投稿数 171

言葉の驚異、それを短歌でなすのなら、短歌を超えた、超短歌といえる

沈黙は、厳しい冬か、死のように、貧しい庭で、無を折り畳む 

「輝きたい」ギラついていた白菜が土鍋の底で消し炭となる 

星たちと砂丘をこえる隊商キャラバンの足跡というアンダーライン 

片足で塀の上に爪先立ち、アイスランドはどちらでしょうか 

真っ黒な不意の恐怖に飲み込まれ逆上したのを正義と言うのか? 

隊商キャラバンは土地を持たずに移りゆく空と大地を兄弟として 

冬、母は子供の温もり似た声でかすかに歌う止まる光を 

誰しもが無限の寂しさの中に居ます。王も、小鳥も、好きなその子も。 

※この世には魂などはありません。死んだら終わり、ただそれだけ。 

いばしよなくさまようことがここちよくとうめいなまましんでゆきたい 

『アヴィニョンの娘達』には見えているミルウォーキーの終焉の冬 

ミキサーに粉々にする僕を入れ知らないけれどときどき悲鳴 

寝転んでSNSを斜め見る庭の空から星が笑った 

フリスクの匂いに竹は似合わない月に行くのは悪くない夢 

経済と生の世界が縮小し都会に満ちる帆のアイロニー 

血を乳に変えて体を与られまた血を乳に変えて与える 

病的な宇宙は森の美しい蝶の不幸な鱗粉の跡 

きみは夢 きみは陽光 きみは意志 きみは兆候 そして根源 

馬鹿者の研ぎ澄まされた欲望に怯まされつつ憧れている 

ボブ・ディランの十月からジョン・レノンが天使と跳ねる十一月 

目の奥がなんてことない朝の光りに、ツーンとする、ツーンとするよ 

アップデト アンインストル インストル アップデト アンインストル … 

なにもかも空っぽなのに溢れでる夢を記そう翠の吐瀉物 

月光のピエロ、地球の調律師、宇宙の扉、鼓動の戦記 

自首します。雨・交差点・行き違い・美形・あいさつ・恐怖症です。 

サメ型の手袋をして事件性という言葉に怯えてる姉 

青春は社会性と幼児性による自意識のバラバラ殺人事件 

ひとりはいや、ひとりはいやです、ほっといて、ほっといてください、凍る月です 

笑いながら時に泣きながら闇に小さな星と宇宙とを生む 

空っぽな缶コーヒーの様な冬、火傷するほど愛おしい冬