本当に書きたいたことは抜け落ちるシャー芯の最後の1センチ 

  いる

  干寝区礼男

  しおはま

 

  石崎セキ

  灯屋