いる  フォロー 18 フォロワー 18 投稿数 574

野に逃げた園芸種から採種して鉢に播いては捕獲と称す 

単純に、毎日壁だけ見ていると夢でも壁を見るようになる。 

逃げたいと望む心の自由だけ十分にあるらしい監獄 

最後には体が隔ててくれるので私はあなたにならなくてすむ 

個を愛し且つ身体を厭うという、思えば無茶な趣味をしている 

人が人から生まれなくなる日までもう少しこの茶番は続く 

愛せとか敬えだとか強いている時点でおまえの負けだ、認めろ。 

指させばあれがあなたにも見えるはず、という危うい前提の下 

未来予測能力などを持つヒトは脅迫だけで殺せたりする 

人間の脳から生まれた猫なので視界の外に消えてばかりだ 

白い扉は時折は見えるもの、なのでそのまま行き過ぎていい 

何事も私が関係しているとそれだけで嫌いになってくる 

無駄だから無意味だからと消していけば、六個目くらいに自分が消える 

ヒトのためなどに降るのではない雨に一方的に感謝するヒト 

あなたのその無宗教とは要するに「私は普通」教なのだろう 

診断は別に要らんが詩など書くほどには狂っていることもある 

死ぬ直前まで健康であるように要求される家畜も人も 

朝顔の花の色素が点々と染めては雨が洗う坂道 

親子とか兄弟とかである前に誰もが半分以上は水だ 

人の住む場所には白く葛の芽のように萌え出る権力があり 

殺したいのは人でなく名なのだが、ほぼ名に見える人などもいて 

夕虹に今日も「家族」の死を願う(観念として死に絶えてくれ) 

好きになる自由があなたにあるように嫌う自由が相手にはある 

いいですねえあなたのようにいつだって世間は味方と思える人は 

さらさらとサンクコストの雪ふりつみ 太郎も次郎も起きてはこない 

別れるとか忘れるとかいう平和的共存法もあるものをなぜ 

説教を無限に聞かせる対象として必要とされても困る 

ただの空間的距離が社会的距離などと呼ばれているこの頃 

私もまた蚊を締め出した部屋の中から見る空が好きなのだろう 

世俗主義への信仰の証とて時祷のように読むネット記事