いる  フォロー 3 フォロワー 3 投稿数 238

お気持ちは理解しますがそこもまた社会の中に過ぎませんから 

「傍観は黙認」という癪だけど否定できない論理があって 

聖人の一断よりも千人の愚論を そういう賭けだったはず 

自由という足枷を引きずりながら終点のない遠足に行く 

「何もかも身体があるから悪い」溝が現れ跨ぐしかない 

液晶の画面が暗くなるにつれ見えてくるだろ自分の顔が 

閉じた眼の中の闇より夜の闇は少し小さく少し明るい 

人のいない世界を造り出すことも人の造った言葉でできる 

「死ねば無だ」「滅んだら無だ」まあそれはそうなんだけど明日も仕事だ 

究極の真理に震えた後の手で葱と生姜とにんにくを切る 

太陽のように輝く無意味さと道の小石に過ぎない意味と 

存在が手段だとして目的は「虚無を形にすること」かしら 

「人生」をやってはいても「人生」のために生きたいとは思えない 

棒人間好きなんだよな人がみなこんなふうならよかったのにな 

もし選べるのなら人の形にはならない ましてや美少女になど 

機械すらいつしか人に似せてゆくように設定されている人 

温かく柔らかい人形ならば愛してしまえるような仕様か 

人間の皮をかぶった人間が皮を脱ごうとして消え失せた 

価値という無形のものを追いながらこんなに形が増えてしまった 

等量のインクで書かれた二と十を異ならしめている、これが意味 

否みがたい実体として標識の支柱が並んでいる道の脇 

青らんで秋の陽は差し、あれも、これも、ああもう在るってことにしとこう 

カーテンを引くように目を閉じたとて中の自分が見えてくるだけ 

あまりにも人と世界が多すぎてすうっと消したくなることもある 

どの街も夜景だけなら美しく見えるだろうねそれだけのこと 

この世界でのルールでは人格は体一個に一人だという 

失った生身の影を探しつつ人格データのさまよう未来 

死は作品ではないはずだ文字列で存在をかき消してから死ね 

本体はここではなくて文字列の間にあると言い切れるなら 

ゆるゆると逃げ続けよう蛞蝓の虹を残して進む速さで