ef (:-{)    フォロー 85 フォロワー 56 投稿数 210

感覚・空想・生活

少年に道を説くのは嫌いだけど 大人は長いほんとうに長い 

闇龗くらおかみやどれる沢のもみぢ葉は十束剣とつかつるぎの血しずくと見ゆ 

うまさけの→三輪ばかりではうら寂し テロワールこそ八百千万やおちよろず 

うたくずを拾えるときは胸郭の内||オア外が雨降りのとき 

手蔓藻蔓テヅルモヅルのゆびさきは 嬰児籠えじこ やさしさ帯びてもだにたゆたう 

少年の朗徹去りし五線譜は降りて感傷過多のヘ音に 

旅先の朝にこだます選挙カーうるせー知らねーFINALFANT ASY 

皮肉屋の掃除夫ひとり清水の奈落の底でシミを数える 

なまりなき鶯谷の夜歩きは生者と死者のねやが隣す 

なま成りの詠み手となりてはや四月よつき歌の悪魔に絆されている 

新嘗もSamhainサウィンも我ら手の内とカボチャ頭の魔とほくそ笑む 

いたつきの床よりながむ往来はほがらほがらでさびし疎まし 

真玉手の触れ合う先が帯びる熱に浮かされながら映画を観たい 

半月がけぶれて落ちる朝凪はむやみに泣けて帰れなくなる 

札数も強さも要らぬ配られたカードできみを斬りつけてやる 

海原のEtoEを翔ぶ鳥の淋しさを抱く安宿あすかはいずこ 

百億のtreatだけが欲しいので百鬼夜行のしんがりに付く 

爿2つ寄り合う様が好きなので川渕さんよ川淵になれ 

 け落ちたあるいは██した音節がすずろな舌に屯している 

溶け落ちた記憶の縁に夏色の複合体が吊されている 

酒呑みの宿痾をいだく我が脚よ待てすこし待て今ぞたけなわ 

磊磈らいかいをゲゼルシャフトに嵌め殺す午前八時の丸の内ビル 

だれかれも所狭しと緘黙し持ち寄りたるはさびしさばかり 

かくりよはタルトタタンの蜜色とカヤツリソウの囁きのおく  

半裂きが月をぬたりとめまわし天より下は無碍の澱みに 

こんちわと暖簾を払う雰囲気で上がり框を超える理不尽 

魂極る世界のsuに成れたとて君のこころrootはシステムのそと 

恒河沙の未知が匿う星ぼしを浚えさらえよ蟻の学徒よ 

「ここではない、何処か」を重ねるごとにほら、針の筵も広がっている 

バイバイに笑みを満たしたおさなごは別れの仕方こころえている