ef ((̵̵́ ̆͒͟ ̩̭̊ ̆͒)̵̵̀)  フォロー 86 フォロワー 56 投稿数 208

感覚・空想・生活

17.5 秒のもだに怯え果て背を向けた陽はあまりにも黒 

病める夜に冷えピタ二枚熟れ過ぎた香りのせる無花果のごと 

感情に轢かれた猿の臓物が五線譜上にまろびでており 

飲み会の二時間後にはやってくる、ほらやってくるそうクソデカい無が、 

《霜月は非線形也》託宣が機械仕掛けの神より降りる 

台所だいどこの積もる皿には触れもせで比較優位の意味を説く君 

今日はもう脳が炎上してるので道理は全てネグレクトです 

発火点を一、否四・五度超えつつもなおあきらめで抑えこむ日々 

わけもなく距離を取りたいときがある 空白の日をひとりで嘗める    

テンソルの深き森より立ち出づる普見者アルゴスの眼とDデジタル. レーニン 

実軸と虚軸の条里しろしめすe=-1聖なる式を乙女はひらく 

どうかまだ眠っていてくれよと願うわたしの中のくりいろの希死 

雨降りのにおいが君を連れてくる別れるまえの重い気配と 

好きだったひとの匂いを思い出す感性ばかりちびてゆく夜 

玉蜀黍とうきびかひごの芯を染め上げて朝餉の卓に陽だまりの咲く 

一掬のなみだと嘘を積み果ててあしたには来るほんとうの鬼 

ことのはの嵐に倦みて偲ばるるいつでも青くたひらかな凪 

感情を犯されがちな僕たちにまだ早すぎたインターネット 

いつの世もやる方のない牡たちは「しょうがないにゃあ……いいよ」をさがす 

感情の延焼はなお人を灼きはるか燎原WWW.ワールドスリー 

「経済は覚醒剤で動いてる?」「この国ではまあ部分的にそう」 

人生の縮図は長き休暇にて為すに短く為さぬに永い 

雨降りとオセロを指して暮れてゆく、Happy new eraにはまだ早い 

大陸のどこかのまちの工場で異国の紙にゼロを書くきみ 

星五つ★★★★★下さいますか」の「五」の上で"0"の手書きが主張している 

春風をになひて去らむ彼の岸へわらへ笑へやかんらかんらと 

終章の言祝ぎを受くひとひらは死の瞬間の中蘊に舞う 

なにごとにも分けられもせぬ僕たちをきっと歴史は引き裂いてゆく 

#! ./perl; use Ise::Nagisa::Narihira; unless (defined($Sakura)){$Emotion{Spring} = ();}  

視地平の南群はいむぶしをめじるしに風食む鳥は雲居より去る