ef ◡̈    フォロー 99 フォロワー 62 投稿数 277

感覚・空想・生活

二十九万二千二百五十六年後、元日朝九時前に逢おうよUNIX時間の果ての果ての果て、すべてのうたのおわりがそこに? 

空の安酒を置き去りにする1Kの荒廃は雄弁に無言 

死ぬよりも生き損ねることのおそろしさに気付いてとうに成人 

接続された世界がスクリーン越しに再演する20世紀 

属人性で積み上げられた塔の上で屠殺業を営む 

既に結論は出ているタイプの愚痴を肴に干す三缶目 

園丁が生真面目なのでタンポポも首をすくめて群れ咲いている 

天幕のあたたかき夜を満たすのは蒼く遥けきテングリ𐱅𐰭𐰼𐰃の唄 

聲をもつポリゴンメッシュの影たちは海賊盤のペルソナを着る 

底冷えを照らす夜雨のSAを缶コーヒーで曇らせている 

五十年経てば津浪の映像も断り書きが消えるのだろう 

終末の秒読みもなくふんわりと人も巷も暮れ果ててゆく 

頬を撫ぜ溶けゆく雪のつめたさにきみは無言の讃美歌を聴く 

ふたとせに対角化さるる我が生は何処にも行かず何処にも行けず 

もう嘘でいいよと君は泣きながら夢より薄い紫菀を手折る 

クソデカい魚卵икраひとつが空に浮きタイムラインに複製される 

其奴らに意志などはなく核酸に教義ドグマひとつが刻まれている 

隔離措置無き白鳥のみちゆきと鶏飼いたちを殺しゆく疫 

我等みな誰かのエゴで生みだされ誰かにエゴを託し去りゆく 

一滴のプリニー蒼に垂らされて生コン色の海嘯が来る 

終点の駅にまいにち帰るのではぐれもの達も日常となる 

白色の無音と化したアルバムの記憶ばかりがざわめいている 

野辺ゆきのみぢかき影を塗りつぶす夏の呻きのようなひぐらし 

「ゴミの山?否、都市鉱山の切羽よ」と、君はたな先ワゴンで笑う 

あはれなりなどとよむひとあはれなりなどとよむひとなほあはれなり 

ピアノ線製の泡立て器で立てた角が弱って、初夏が来る 

Ἔρωςエロースとランダムノイズを溶媒に浮かぶわたくしといふ現象 

逢えたはず、産まれたはずを想いつつ '$ diff 去年 今年こぞ ことし' の出力を読む 

鬼は独りDépaysementデペイズマンを振りかざしより破滅的な響きを探る 

ひとつ果てまたひとつ果て惰性のみ喪われゆくdead section