灯屋  フォロー 19 フォロワー 12 投稿数 73

最近、誰かの短歌に返歌をしたい。
繋がりが有るのか無いのか知らないけれど、きっと皆繋がってるんじゃないかな。きっとそうだよね。高1。

世の中の 役に立てるか 考える そんなことより 今日の夕飯 

嘆いても 西へ太陽沈み落つ 暗闇拒んだ夕日残して 

丸まって ただそこに寝ていた三角耳 今はもういない 大好きだったよ 

O2を 吸ってCo2を出す ただそれだけに 使う体力 

金剛の 心と言われ 苦笑い 実は意外と 砕けやすいの  

『なによりも 自分のことを大事にね』 そんなのくらい 口で言ってよ 

この間 餌付けしてみた 野良猫は 僕を見かけて 頬すり寄せる  

この道の 足跡の色 白白と 二度逢うせおうせ黄衣の君きごろものきみ 

朗らかの 言ことは遠かり 白景色しらげしき あな美しき 北国と言えん 

する事の 悪しき事なり 天つ神 初日はつひの雪ぞ 減りし事なし 

月の如く 二番の顔を 見せぬ君 言いし時にぜ 吾は世に居ぬか 

この頃の 雪降りたるは 静かなり 吹雪く日待ちて 歩く日々旅 

波流る 瀬に打つひれの 水飛沫 橋下きゃかの宿りは 火も起こせぬよ