いる  フォロー 14 フォロワー 14 投稿数 483

いや、王よ、殺したいのは別にそのあんたっつう人間じゃないんだ 

気づいたら「国民」にされていたこと 割られて赤く散る西瓜の身 

国があり王がいるこのクソだりぃゲームの中の朝に目覚めた 

とりあえずあなたはいるということに、そして世界はあることにする 

私は、と言うのはいつもおまえからずれ出しているおまえなのだよ 

情報の砂塵にかき消されながら、とはいえそこにいるらしい人 

折りたたみ可能なようで一定の体積を占め続ける体 

まだ雨が降る世界だし まだ一つずつ壊れうる個体があるし 

私という何かしらがある幻想を維持するために昼飯を食う 

しかしその血を数分間止めたなら復元不可能になるデータだ 

言葉という街の埃に似たものが降り積もりある日私になった 

どのへんを爪で剥がせばいいのだろう 視界ではない世界が見たい 

どこまでもここから遠い身体に比喩として手をさしのべている 

身体があなたとわたしを絶対に隔ててむかいあわせてくれる 

笑うしかないほど解りあえないが人がいるとはそういうことだ 

霧さえも見えていないということを互いに指摘しあって笑う 

そう、ちょうどリモートでつながりながら誰も外には出られない部屋 

一通り娯楽は揃った四畳半のような脳に住み慣れている 

今ひとつ使い勝手のわからない脳だと私の脳は言います 

この肉塊、まあね、そう言うお前らもさらなるその一部分なんだが 

また突然砂漠の画像を映し出しメモリを浪費している脳だ 

生むことは酷なことだがやむを得ぬことでもあろう 星が流れる 

たくさんの動き続けるものを見て、人でなくてもいいと思った 

今日もまた誰かが人を産み、そして迷路は狭く広くなるのだ 

物質であって私であることをわれわれはまだうまく言えない 

脳内を流れやまないこれもまた物質ではあるのだろうけれど 

肉体の数だけ私が絶対に行くことのできない場所がある 

今日死んだ蜉蝣の数 あなたしか知らない言葉の消えてゆく数 

どれだけの独自言語が死んだのでこうして笑いあえているのか 

同じ青など見たこともないのだが空が青いと言えば通じた