化石  フォロー 0 フォロワー 4 投稿数 142

いったいどういうことなんだ?

仙人になる方法がわからない霞を主食にするところから 

"I love you."訳そうとして考える愛が内包してる広さを 

今すぐに天使になって完璧な微笑み浮かべ灯油撒きたい 

瞬間を楽しむことが人生だお湯が沸いたら飲むかい珈琲 

T嬢へ。飛翔が許す臨界を。鉱石製の翼のために。 

一番の罪は忘れることだよと言ったあなたが遺す煙滅 

運命の服が死ぬ場所試着室 弔い胸に「やめておきます」 

違います、人違いではないですか、それはともかく素敵な赤だ 

宛先のことだけ考えてればよいそこが手紙の優しさである 

駆け巡る思考は意志と乖離して手懐ける為首輪がほしい 

透徹の視線に潜む逡巡は自覚できないほどに素早く 

理解とは愛と離れているみたい受容はそれに近いのだけど 

生きていてほしいというのはエゴだからせめて悔いなく死んでと祈る 

自分には時間が足りぬ冴えた目と蕩けたあたまで「暗転」と書く 

牛頭ウシアタマ眼窩に覗く双眸と気障な言葉で皆を撃ち抜け 

退屈で刺激に満ちた<C'est la vie.>セ・ラ・ヴィはどこか物欲しげな顔をして 

舞台では貴女は凛と佇んで私が知ってる傷を隠すの 

朦朧とした意識にはつきものだ縁取り光る白い三角 

ああずるい世界で一番特別な相手に向ける顔をしないで 

中立は風前でさえ危うくて斜めにかぶき揺らぎ誤魔化す 

たった今死んでもいいと思う時一番生きてる意味を感じる 

厄災が起きたら猫と通帳と聖書と手紙を持って逃げよう 

今などはどこにもなくて過去だけが足の先から蓄積される 

言葉では到底表しきれません頭を開けて脳みそを見て 

まだそこで微睡み続けているんだねミニチュアの事故現場の五月 

右手には祈りを頬には親愛を左鼠蹊部に喝采を 

唯一の取り柄はわかりやすいことあなたはキキでわたしはブーバ 

微かなる雷鳴部屋に轟かせ水鳥を追いかける夢みる 

文末に「今年も護られますように」君と私の神は違えど 

気付いたが百の隣は零らしい三十くらいで静かに生きる