石崎セキ    フォロー 14 フォロワー 7 投稿数 143

短歌を作ることと、小説を書くことと、アイドルマスターシャイニーカラーズと、VTuberが好きです。ツイッターは思念の墓地。

世の中でいちばん好きな短歌だが自分のなので「いいね」押せない 

ごらんあれ短歌のために作られたピンどめされたいびつな言葉 

さようなら、鳥が飛び交う地平線。ぼくらは街に向かって歩いた。 

『地上波で流しちゃダメな愛なので』常識的な愛だけがある 

飼いイヌが行方不明になったけどご飯食べてる 涙はでない 

虚構だけ愛せる私、リアルだけ愛せるあなた。このキスはどっち? 

真夜中に睡眠薬を求める手捕まえてキスしてあげようか? 

ひととして喜怒哀楽で表せぬ感情だけを抱えて生きる 

宝石のかたわらにある石ころが価値を帯びたらかなしい 

お手紙を山羊が読まずに食べるのはそれが恋文であるときだけ 

一昨日の蜥蜴の尻尾が瓶の中ぴちりぴちりと跳ね回っている 

電撃に打たれた犬の肉片がコンクリートに転写されてる 

雪だけが冷たいのだと無邪気に信じていたが氷も冷たい 

月が溶けバターのように地を覆い夜空は月がないだけだけど 

猫のない世界線でも平然とひとは暮らして猫だけがない 

クチバシが大きなオスがボスになる社会でヒトは生きているけど 

生命の種を手にいれ水をいれすぐに孵化したステゴサウルス 

ひとのない東京駅が倒壊し百年が経ち瓦礫から花 

「あれは虎、あれは狼」世界から未知が消えゆく幼子おさなごが泣く 

ギリシアの哲学者だけハブられた世界会議に俺はいない 

「日の丸を崇めなければ逮捕です」保育園児のおままごとにて 

銀河から忘れ去られた銀でない星の行方は南アフリカ 

翅のない蝶々に価値がないのなら人生なんて人生なんて 

洪水が来たりて太陽燦々と メントスコーラで吹きあがる蟻 

ゆっくりと煙草の箱にキスをしてそれきり姿を見せなくなった 

この歌をあなたが読んだ一日後、鍾乳洞で少年が死ぬ 

「こんなしゅがウケるんでしょう?」俗人の趣味・嗜好など把握している 

草原に緊急退避したヘリがあるじをおいてひとり飛び立った 

寝そべった姿勢のままで手をあげろ腕の重さがお前の寿命だ 

枕を叩きつけ忘れた日が蒼穹のように喉に絡まっている