冬の朝 一片たりとも 雲は無く 最期はこういう 空に溶けたい 

  由宇

 

  しろう

  まくねがお

  namidagaderu