しろう  フォロー 6 フォロワー 17 投稿数 288

memento mori

生きづらい!ああ生きづらい!生きづらい!そんな話を友としてきた 

行き先も見ずに飛び乗る終電車 どこへ着くかな目指せぱらいそ 

落ちていた気持ちが少し上を向く 出会い頭に軽く目礼 

イヤフォンを忘れてつらい喧騒を子守唄へと ゆらりうたた寝 

誰だって気づかず誰か踏んでいる 「差別している自覚はあるか」 

誰しもが何かについてのマイノリティ 『差別されてる自覚はあるか』 

恋というのは独占欲だと人の言う 我が恋はただ いもくり佐太郎 

酒呑みは呑兵衛のんべ呑助のんすけ呑太郎のんたろう 呑んで呑まれて呑みさらばえて 

我こそは正義なるぞと思っちゃうこともあります 負けて賊軍 

しましまの しまのしじまのしまながし しまるくびわにしましまのうま 

酒なくば 即ち死すというごとし あとにもさきにもこの一献よ 

のけものは けものけだもの もだもだの のけてけられてけだものだもの 

どこへ行く どこでもいいさ どこへでも どこへ行ってものけものだもの 

金木犀 部屋の中でも香ってくると思っていたが「おや、芳香剤…」 

無理矢理に定まることもないだろう ある定義ではそうなのだろうし別の定義じゃちがうだろうし 

雨の日は 朝から呑んだり歌ったり 本を読んだり刺繍をしたり 

「あなたってこういうものが好きなんだよね?」母はイエスと言わせたいだけ 

曼珠沙華 居並ぶ赤をながめつつ 「近頃は白いものも見ますね」 

死んだなら 泥田に沈めてくれないか 米になりたい輪廻転生 

アメフラシ 雨を降らせた覚えなし それでもどこかでうらまれてるし 

オーブンで焼いたばかりのヴルストを 床に落としてメッチャしょんぼり(もちろん美味しく頂きますが) 

プレモルを飲んでにわかに生き返る 酒がなければ人生なんて! 

もう十時 今日はすっごく頑張ったから 栗ぜんざいをたべてもいいよ 

ときどきは上の句だけで詠み捨てたい 誰かに下の句つけてほしいし 

すごいなあ こんな歌詠む人がいるのか なんだか世界が広がる気がする 

ハラヘッタ メッチャキバッタ ハタライタ ガストデメシデモクッテカエルカ 

短歌ハイ 少々過剰な全能感 私は私の歌が好きだよ 

金木犀 姿は見えねどいいかおり ホワイトリカーに漬けてもいいしね 

疲れたら酪王カフェオレ飲むといい ハイカフェオレもオススメですよ 

いちめんのせみの亡骸ふみしめて いっそくとびになつの葬送