しろう  フォロー 5 フォロワー 12 投稿数 158

神無月 さ迷い出でても神は無く 呼べど応えず 探せど見えず  1

旅人は 慣れし故郷を放たれて 夢に楽土も見えず 眠りぬ  1

おい今夜飲み行こうぜと言いたいがアンタの連絡先を知らない  0

明日から働かなくていいなんて! 鹿肉バーガー! プレモル! 乾杯!!!!!!!!!!  4

いざゆかん たつべき時は今なるぞ きょうは仕事を辞めてきました  4

寒いのは嫌だ嫌だと言っていたのに 降らぬ降らぬと空を見上げる  1

どこまでものがれられぬかこの業は おれのこころは雪でできてる  1

ふるさとを はるか南にのがれ来て 今は墨絵の雪ぞかなしき  1

ふるさとの 酒をちびちびなめながら いつまでもつか どこで買えるか  1

今日のオレ 昨日のワタシ 明日のボク 変幻自在さ 何でもなれるさ  1

はいくだよ はいくじゃないよ たんかだよ たんかのなかにはいくもあるよ  1

わが心 散るもみぢ葉にうづもれて 人知れずただ土に還らむ  6

つまみなし 米なし金なし仕事なし 何はなくとも酒よあれかし  4

我が宿につまみなどあるわけもなし それでもうまし ほろよいの酒  3

母の手の ひどく打ちたる我が頬に とてもよく似た真っ赤なりんご  6

わがいおは はなももみじもなかりけり ただ呪われたる我のみがおり  3

こんな時 黙って隣にいてほしかった もう疲れたよパトラッシュ  3

本当のことなど何もなかったな 下の句はどうか言わせないでくれ  4

タンタタタ タカタタカタカ タカタタン タンタタタンタ タンタカ短歌  5

まっくろな大海原にただひとり ともしびだけでこぎだしてゆく  3

生きづらい!ああ生きづらい!生きづらい!そんな話を友としてきた  1

行き先も見ずに飛び乗る終電車 どこへ着くかな目指せぱらいそ  3

落ちていた気持ちが少し上を向く 出会い頭に軽く目礼  4

イヤフォンを忘れてつらい喧騒を子守唄へと ゆらりうたた寝  1

誰だって気づかず誰か踏んでいる 「差別している自覚はあるか」  4

誰しもが何かについてのマイノリティ 『差別されてる自覚はあるか』  5

恋というのは独占欲だと人の言う 我が恋はただ いもくり佐太郎  0

酒呑みは呑兵衛のんべ呑助のんすけ呑太郎のんたろう 呑んで呑まれて呑みさらばえて  1

我こそは正義なるぞと思っちゃうこともあります 負けて賊軍  1

しましまの しまのしじまのしまながし しまるくびわにしましまのうま  1