しろう  フォロー 7 フォロワー 19 投稿数 322

memento mori

冬なので 冬季うつです うっグハァ… まだ生きてるから 元気な方かぁ 

ワンタタン ワンタンタタタ タタタタン ワンタタタタン ワンワンワンタ 

○□△△□ ○□△□△△△ △△△△□ ○□△△△△□ ○□○□○□△ 

名も知らぬ人のことなど気にするな おやすみおやすみ私の心 

永遠に来なければいい月曜日 ホットミルクを飲んで眠ろう 

買った本すぐに読みたいだがしかし昨日も今日も勉強してねえ 

雨の日は家から一歩も出たくない 布団からだって出たくないんだ 

新しい紙の匂いとインクの匂い これがあるから生きている 

存在を暴かれ断罪される人 石を投げながらニヤニヤする人 

ふるさとの方言を喋りたい気持ち 文字では書けない音を出す気持ち 

真っ白な塩むすびからふるさとの黄金稲田の味がしました 

北海道かぼちゃのコロッケがうまいね さつまいものも食べてみたいね 

肉球をさわってみたい絶対にさわられたくない猫のまなざし 

十九年くるみパンオブザイヤーはファミマのやつで決定っすね 

ふやふやと眠気はどこへ行ったかな あんなに仲良くしていたものを 

手ぬぐいを洗って干して忘れてきたよ 毎回こうだな 傘も忘れた 

俺の名はホントは何というのだろ 自分で決めたい 自己決定権 

さよならを浮かべた空のレモンティー 星をかきまぜシャンパンにする 

酒なくばこの世は地獄 酒飲めばこの世は極楽 月が明るい 

人影の幻だけを追いかける 夜霧のけぶる木立の中で 

社会から脱出したい この空を飛んで行きたい 何処だっていい 

「帰りたい」 どこへ行こうというのかね もう故郷はないというのに 

夜明けても 暗い世の中闇の中 ともし火かかげて往くしかないさ 

夜明ければ必ず善き日が来るわけじゃない 僕らはそれを知ってるはずだ 

雨の音 風と遠くの犬の声 草木も眠っているというのに 

虫とってスイカを食べて昼寝して もうもどれない遠い夏の日 

誰も皆知らずにいるよほととぎす お前が母を殺したなんて 

今日もまた夜明けを夢見て眠る時 月が冷たく顔のぞき込む 

心にもどうも模様があるらしい ぜんぜん見えない 透明なのかな 

感性が人と異なりすぎている 理解できない 理解されない