しろう  フォロー 6 フォロワー 16 投稿数 272

memento mori

人が死ぬ どんどん死ぬ死ぬ戦争で 「ただの映画だ」 「だけど実話だ」 

誰かしら傷ついていてもヘラヘラしてる 慣れちまったんだなぁ、おまえ 

「ともだち」がホントの友とは限らないからぼくは踊って月にいきます 

文句すら出なくなったらおしまいだ それは独裁スイッチだから 

ゆうびんを受け取りなさい 今日にでもお前の元に届く頃合い 

真夜中にそっと置かれた撒き菱が チクチク刺さる昼の月光 

戦況を報告せよと声がする ”コンジョウマガリ”があらわれる時 

母がもしおれを愛していたならば そう思わずにおれない今日だ 

自らのその決断に責任を持ちたまえ 人に押し付けないでさ 

クソ野郎 「死んじまえ」なんて言わないぜ 己を恥じつつ長生きしやがれ 

イジメとか肯定する奴 「仕方ない」なんて自分がされても言えるか? 

とんでもない差別主義者を友達と思い込んでた おれはばかだな 

友達っていったいなんなんだろうね 殴ってもいい奴と思ってんのかね 

友達はすでに友達なんかじゃなかった これが「サヨナラ」ということか 

進んでも退いても「普通」に殺される どうにか生きていける道がほしい 

いつの日かぼくも死んだりするんだろう そのとき死因は「普通」だと思う 

今日もまた「普通」で殴られちゃったんだ 友達だからすっごくつらい 

キラキラとこんなにたくさん積み上げて この楽園は瓦礫でできてる 

さざなみの音が私をさらっていった ぬけがらだけがここにある今 

性別の「らしさ」規範をこの歳で既に学んだ甥が哀しい 

死ぬ前に愛されてみたい 私には母は素敵なものじゃなかった 

外側はカリッとしていて内側はフワフワのホットケーキが食べたい 

祝福を届けてやりたい人がある 風吹きすさぶ荒野に住んでる 

眠れない夜の存在意義とはなんだ 独りで死ぬのに慣れろってのか 

うららかな春の陽射しにさそわれて 二度とさめない春眠よ来たれ 

疲れたら紅茶のパウンドケーキを食べよう 明日も生きていられるように 

一日を横にならずにすごしたら 筋肉痛になったよ マジかよ 

ちがうんだ! 何でもすぐにはやめてない! 月替わり趣味を十年やってる! 

「しろうさん、何でもすぐにやめちゃうじゃない」 ぐうの音も出ないおれなのである 

さくらさくさくらのそののそのさくらさくらさくさくそのさくらさく