しま かよ  フォロー 33 フォロワー 22 投稿数 107

みぢかうた 31文字
https://kayo2012.hatenablog.com/

つるり日曜日が零れ落ちてった「ここにお代わりお願いします」 

昼日中あっけらかんとしたもので歯の詰め物が取れて青空 

突然に棒で殴られた青空が粉々壊れ落ちての豪雨 

「コンビニに行く時思いましたよ」と最高気温の話題でつなぐ 

暑い夜に続編レンタル100円か是非凍えたいシャイニングかな 

天才が撒く銀テープ拾うのは喜びしかないマジで真面目に 

しばらくは裸の心に蓋をする乾くまで貼る滅菌テープ 

うた見たよ変わらずネガチブなんだねと言われた そうだよ私の一部 

日がなぱたぱたぱた水の落ちる音いつかひとつの大曲となる 

引き千切れ引き千切れこころカサカサと鳴るはずが水かぶり重く 

ご予約の本はこちらになりますと水槽の底で司書は呟く 

雨雲のレーダーから見るこの町は蜘蛛の糸の先で溺れる 

ヒメジョオン暑くも寒くも無い日には手ぶらでいようと言いたげに立つ 

拭いてみる昔の家の窓ガラス便利機能な地図アプリにて 

降る雨はあとからあとからきりがなく落ちて黄菖蒲がそれを吸う 

ナルニアの街灯の下私たちいまいるのこれからどうしよう 

物言わずねむがっている退屈にあらがい向かう一人の仕事 

向かい合い焼く日も来ようそのために今は持ち帰る肉の弁当 

あっけなく人は亡くなる現実に日本が気付くコメディアンの死 

構わずにとりさえずっているのですパンデミックの朝が来たのに 

伝わらぬこと伝わってこないこと遠くにいても近くにいても 

緊急と不要不急が重なったクロワッサンの膨らみを 

微かなる香を遠ざける監視役マスクして白梅しらうめ眺めをり 

大いなる何かの下で親と子は繋がり別の季節を生きる 

やや古き凍る月なりとりわけて別のフォルダに入れた.jpgジェイペグ 

明日から始まる仕事嫌じゃない、なのに目に付く傷む山茶花 

ひとりでも何と楽しきテーブルか仕事納めの自由なパスタ 

暇あればあるだけ増える年末の雑事あれこれ右肩上がり 

とりあえず重き頭を空にしてNetflix1日見る日 

仕事終え降り出す雨に傘もなく空き腹にすする饂飩うどんの熱さ