ミツバチ便り    フォロー 21 フォロワー 21 投稿数 105

秋桜は風を揺らして夕暮れに過ぎ去りし夏教えてくれる 

「ねぇ母さん肩揉もうか」と触れる子の企み知りつつ 我は親ばか 

月光に頰撫でられて眠る子よ叱りすぎたごめんね おやすみ 

ピカピカの秋刀魚さばいて三枚に 食す家族の笑顔想いて 

コンビニのレジでまごつくようになりデジタル弱者で生きゆく覚悟 

鏡向こうアイシャドウぬる目の辺り亡き母映り浅く息吸う 

あやとりはいつも私で絡まった田中みな実になれないわたし 

知らぬまに鎖骨の上を滑りおり落ちる涙の色は残酷 

母遺す細い鎖の腕どけい母が逝きたる三時をしめす 

天界の母と俗世のわたくしが共にみている大き満月 

擦りむけたひざもほっぺもものとせず補助輪はずす背中の翼 

なによりも嬉しくおもう目覚めては今日が休みと気づく刹那よ 

落蝉を拾いて夏の盛り逝く生きるものだけ死ぬことができ 

砂の立つサッカーコート日に焼けた少年の脛まぶしい柱 

夜の雨あなたを過去にしてしまう手を伸ばしても夜はつかめず 

赤と青闘う空の夕暮れをのぞむ私の胸は静かだ 

炎天の坂のぼりきて星祭り振り返らむとひとりきりかな 

君の手が蛍をそっと包んでる世界で一番優しい灯り 

いつもより暑い夏でもとうきびをレンジは使わず茹でようと思う 

今朝もまたきっと明日の朝もまた私の死後も誰かが米とぐ 

生きていることは辛さのビブラート紫陽花重く雨に撃たれて 

調味料入れに月光入る余地なくて私の主婦力しずか 

サングラスかけた案山子の手に蛙 隣のポニーただ草を喰む 

かわいらしいカフェのメニューに「かぷちーの」ふぅんなるほどふぅんなるほど 

この薔薇は少し寝坊をした双子 やっと咲いたと子が手をたたく 

キャベツ喰む姿がかわいいかわいいと言われし蟹を羨ましく思う 

落ちそうな夏椿見るそんな目でいつでも私を包むべきよね 

洗濯機回り続ける水眺む そんな気持ちで走る息子見る 

死神を騙す男の落語聴き白髪を染めるわれ誰騙す 

果てしなくラベンダーの穂波打って七月の風駆けて膨らむ