端っこから諦め返していくつもの横断歩道を沼にしてゆく 

  いる

  灯屋

  干寝区礼男