知っている 明けない夜がないように沈まぬ昼もまたないのだと 

  しろう

 

  大杉

  拓治