葱ロマンティックロボット    フォロー 41 フォロワー 22 投稿数 222

女の子にモテたいがためだけに短歌をやっています。お尻の大きいおねえさんは積極的に話しかけてください。

道、もくしてシーシャの騒ぐ水のおと深夜映画の銃のおとだけ 

でて畳こすれるひざの音氷のパキパキわれる音だけ 

冷蔵庫のブゥゥンとうなるモーターがが心臓の音に重なる 

きってみろきってみせろよきりましょうタイムカードで一刀両断 

片足に引っ掛けられた下着ゆれ揺れにあわせてサルサを踊る 

大雨の降る日の川が突然に見たいとはだかの君言いし夜 

照準が満員電車でゆれていても乱射しちゃうぜ恋とマシンガン 

ごちゃごちゃのカバンの中のお気に入りハンドクリームつけてにぎる手 

君の横でストッキングの伝線がパンデミックよタクシーが揺れる 

リュウグウノツカイのごとし快速よキラキラひかるパンプスの先 

パンプスで花びら踏まず帰路ひとりけれど毎朝わくわくすんだよ 

快速がゴォオと走り最初の日見上げた夜をぼくは忘れない 

ふるさとの訛りなつかし停車場よストリートビューでそを歩きゆく 

打ちてた死体のような枕木まくらぎの上をオォイと走る快速 

横たわる線路が無数の枕木で無数の夢を並行にみる 

ああ今日は火曜日だから人類の恋心に火をつけたりしよう 

カーテンのふくらみを見る君の目は風の形を見るのに最適 

そばかすの一つ一つをつなげたら君のは星座ができる気がする 

スキップでハローワークにかよう四十二しじゅうに歳よ靴の傷らよ 

お芝居のフィナーレみたいな夏の日には産まれたとまた母は言い 

チャーハンのチャーの部分が好きだからつくってと言う君の横顔 

チャーハンが見し鉄鍋を振るう腕きのう吾が肩炊く腕見し吾 

夜食にはチーズの直方体並べその銀の右はじから食べる 

サーモンのムニエルがさめぬ距離に住む妄想しつつ箸で身ほぐす 

布一枚ヴェイルに包まれ朝つをおごそかに待つうめぼしおにぎり 

パンプスで濡れた道路にりの花びらよけてひとり帰る 

指先でシーツのしわをもてあそびふるさとの形つくりては消す 

前歩く見知らぬ老婆のスピードで流れる歩道に夏きたるを知る 

脱ぎ捨てたキャミソールが稲妻の形で床に落ち君眠りし 

生牡蠣を噛んで君の思いだしあわててあおるワインの無味むみなる