まちこ  フォロー 0 フォロワー 0 投稿数 29

保健所で殺処分待ちだった野良

寝支度もそこそこに沈む君の眼鏡をそっと引き抜く花金 

イルミネーションにはしゃぎきれない私が一番無駄な存在だ 

木の葉の今際の際を背景に笑顔を浮かべた写真の寿命 

出土した卒業写真を燃やして初めて歌えそうだ『卒業』 

「……ん?」『ん?』「ん?んーんいいや」『んーそう』 僕らの仲は会話と言うよりモールス信号 

思ってた商品ものと違うが外箱は猫が気に入っているので良し 

粧いは自分の為にするのだと気づけるまでの時間を返せ 

イヤホンを忘れた帰路は静かで煩い 肩落とし上がる足音テンポ 

主よ、私はまた洗濯機不可のワンピースを買ってしまいました 

君と見たい月は満月だけじゃない やたら暦に詳しくなる 

何処の馬の骨の者か知らぬが品種不明・年齢不詳・オスひもとひなたぼっこがお気に入り 

温かいもの食べるのは人間のみ 寄せ鍋も叡智の結晶 

ストーブを点けた途端に寝転がるきみは誰よりうちを知ってる 

おまえがいなくなってから を想像する私なりの予防接種 

「大丈夫!」ケータイの充電残量表示程度の信憑性 

「お迎え」を願ってるうちは迎え入れられていない死ぬということ 

あなたが嫌いです 優しくできない自分を思い知らされるから 

ヘソ天で寝る猫 あのサビが重なる あれは確か、らいおんハート 

配信ランキングに挙がらない曲が私の人生ライブセットリスト 

百日後は聖夜・正月の先に わたし変われるかなあワニくん 

百日前は五輪に沸いた筈だった またもや過去に気づかされ 

昨日まではショートヘアに憧れて 今日は胸下ロングを目指す 

伝えたい気持ち溢れて筆をとるが読む暇あるなら休んで、推し 

日の入より青果コーナーより季節映したるきみ換毛期ころもがえ 

二時間前の君からの通知 返事出来上がるまでだ読めない 

毒にも薬にもならない不要不急の会話で癒される僕ら 

吾輩は猫である名前はあるが呼び方皆違うこの家 

『入籍しました』幼稚園以来の友へ「これからも友達だよ」 

‪他愛ない会話装う一文を送った刹那画面を閉じる‬