七咲    フォロー 3 フォロワー 4 投稿数 143

気づけば恋の歌ばかり。

かわいいと言われたいから塗るリップ マスクの内に秘めておちてく 

へべれけでふらふらするがそんなのはお酒で流すロックな夜だ 

「いい子だね 僕のためだけにないてよ」近づき誘う生まれたての獣 

人生を捧げてもいい君になら 永遠誓い花束で殴る 

死んだ後何になるのか考える 僕以外なら何でもいいや 

燃やしてる 無駄な命の使い方バカが優位な世界で足掻く 

知ってるよいつかさよならするんだね タバコの灰が落ちた今かな 

いつの日かあなたと聴きたい音楽を削除してるプレイリストから 

さあ終わり 御伽噺はここまでさ 眠る時間だ主人公キミは知りすぎた 

去りし日の思い出眺め語る君 偶像のまま大人になった 

私のことは誰にも何も救えない 人生はバグ アプデされない 

白い皿汚してしまう食べ方を愛してくれる君がいいです 

僕ばかり理不尽な目にあっている 教えてほしい人生の意味 

いつの間にか伝染する某についた名前は数多わからず 

君の顔いつから見なくなったかな 祈ることしかできなくてごめん 

君がいた知らない人のインスタを見つけて"いいね" 押したくないけど 

赤茶けた色の落ちてる髪でいい 綺麗になるなこれ以上は 

あなたへの手向けの言葉見つからず思い出見返し夜が明けていく 

ねえ聞いて 私かわいいから、君と同じ空間嬉しくなるの 

近づいた気になっただけ 本当のこと、君なんか知りたくない 

「雪、降るよ」無邪気な君が窓を見る そうだ今夜は鍋にしようか 

いつだって嫌いな歌を聴いている だってあなたが大好きだから 

恋走るあの日のことを思い出す ゴールに君は待ってはおらず 

日替わりのランチみたいに私たち君に見合ったかたちを探す 

真っ黒のインクを垂らした空見上げきらめく一つの正解探す 

ツメ甘い君の嫌なとこ見えるから投稿しないでインスタグラム 

雪を見て口ずさまなくなった歌 終わった恋にすごく似ている 

今すぐに手放したいと泣く君の言葉にいいね スマホの画面 

難しいこと言いたくて、それだけ 中身などない伽藍の洞だ 

浮ついた私を馬鹿にするようにチラリと見えるあなたの指輪