七咲    フォロー 2 フォロワー 5 投稿数 122

気づけば恋の歌ばかり。

いつだって嫌いな歌を聴いている だってあなたが大好きだから 

恋走るあの日のことを思い出す ゴールに君は待ってはおらず 

日替わりのランチみたいに私たち君に見合ったかたちを探す 

真っ黒のインクを垂らした空見上げきらめく一つの正解探す 

ツメ甘い君の嫌なとこ見えるから投稿しないでインスタグラム 

雪を見て口ずさまなくなった歌 終わった恋にすごく似ている 

今すぐに手放したいと泣く君の言葉にいいね スマホの画面 

難しいこと言いたくて、それだけ 中身などない伽藍の洞だ 

浮ついた私を馬鹿にするようにチラリと見えるあなたの指輪 

目を伏せる 平行線の運命に終わりを告げる私の涙 

目をそらすパブサワードに付随した 不安な言葉知らなくていい 

微笑んだ隣のあの子もしかして知らない君を知る人ですか 

剥がれたネイルを眺める昼下がり また不完全になった私 

一番に二人一組になれないで大人になった いつまでも一人 

知らない人になりました 他人です あなたと私はもう出逢わない 

夜に泣く歌くらいしかうたえない 悲しみだけで生きてる、私 

電気消す君の手を取り胸元に 今だけでいいよもっとよく見て 

馬鹿だから知らない君のことで泣く ガラスの靴は私のじゃない 

言い聞かせる「恋じゃないの」違うって 涙を拭う君ではない手 

詠めるのは他人ひとに刺さらぬものばかり 壁打ちをするいつだってひとり 

満員で押し込められた人、頭 タピオカみたい握り潰そう 

はじめまして リボンを解いた制服の下は隠しきれない大人の匂い 

誰よりも認められたい 何者になりたくて足掻く 若者の歌 

「止まないね」肩を並べて縮こまる 傘を隠したもう少し君と 

わからない上書き保存の方法 忘れられないあなたの仕草 

しゃがみこむ 裾から見える足首の細さに少し胸が苦しい 

スプーンで潰したいちご眺めてる もう好きじゃない好きなわけない 

雨の中爆発音がこだまする 助けられないあなたの姿 

間違いを探すふりしたあの頃が正解だっていつわかるのか 

ざんざんと粉々になる 私だけ上手く生きれずブロイラーへと