フォロー 2 フォロワー 3 投稿数 20

絵を描くのが好きです。短歌は始めたばかりですが、とても楽しいです。

遠くから近づいてくる夕立を感じるタイムラインの「雷」 

帰宅して麦茶ポットをこじ開けて一杯分を残して戻す 

炎天下信号機から伸びている影の形に合わせる体 

梨の実に刃を入れていく感触でまずは味わう旬の歯応え 

宇宙船通勤風景思わせる大江戸線の乗換通路 

宙を見詰めしきりに指を折る人は短歌を作る人かもしれない 

ピンヒールで階段登る足首を飾るアンクルベルトの余裕 

後れ毛を垂らす案配わからずに襟足にあてる生真面目な櫛 

一瞬で汗だくのシャツ脱いで干す これはキレイな汗だと言って 

「有休」と打ち込んだ文字「悠久」と変換されて揺蕩たゆたう指先 

小さくて大事なものが集まってこんなに重いショルダーバッグ 

布団からはみ出たかかとを戻してやるレコードに針を落とす仕草で 

二八そば並んで啜る勢いで夏を始める覚悟を決める 

高層ビルの間に沸き立つ夏雲を崖から見下ろすこの街で生きる 

太陽に当ててあげようベランダで息するように並ぶ革靴 

桃はまだ高くて買えない目の前の白くて丸い膝裏を見てる 

肩甲骨の間に乗った上質の脂肪は残しておいてください 

怨霊となって貴方の無防備な耳殻みみがらを噛む七日目の夜 

唇を求めるように傾ける石膏像の冷えた鼻筋 

耳の水ぬるりと抜けてまだ熱い君が好きだと気付いてしまった