フォロー 3 フォロワー 6 投稿数 81

絵を描くのが好きです。短歌は始めたばかりですが、とても楽しいです。

引き出物は漆の菓子器これでまたひとつ揃った茶の間の設備 

目の前に立つ人のウールジャケットにたくさんついてるたぶん猫の毛 

リクルートスーツにチェックのスリッポン合わせて風を切る学生街 

エコバッグの持ち手が裂けた この世には永遠なんてものは無かった 

一人でもパーティー開けをしたならばそこはパーティー会場なんだよ 

溢れ出る梨のしずくを受け止めるには半袖の肘でなければ 

できるだけ日陰を辿る道筋をナビゲートしてほしい炎昼 

長雨で育ったヘチマのカーテンが半分枯れてしまった酷暑 

待たされると思ってなかったレジ袋の中で溶けてくバニラのアイス 

垂れ下がる蔓草をくぐり風呂屋への細道を行く台風の後 

遊ぶ子もなく夏の日に晒されてオブジェとなったパイプの遊具 

七月は暑かったなぁとカレンダーめくると本気の夏が待ってた 

玄関の傘の隣に立ててある同じくらいに真っ直ぐな葱 

始まりか終わりなのかは分からないチャイムが聞こえる高校の前 

水張田のような静けさ床下の基礎に打たれた生コンクリート 

ものもらい治りかけてる左目のまぶたに口づけしないでほしい 

街路樹が歩道に落とす影ばかり目で追っている五月の真夏日 

逆向きに取り付けられたトイレットペーパーを引くと時間が戻る 

シンク下を覗くといつも同じ量残して並ぶみりんと料理酒 

地下鉄の窓に映った美しい人を見るため体をねじる 

書店街通りかかって手荷物に一冊分の重さが加わる 

カレンダー捲ると夜景だったので一ヶ月間この部屋は夜 

天空の剣を振るうパーティーに一名追加 路地裏の春 

落とされた頭に残る胸ビレでどこかに飛んでいきそうな鯵 

毒蛇に咬まれた傷を吸うようにバナナの黒いところを齧る 

脊椎も激情もゆるく包み込むスウェット生地の背中はまろやか 

お守りとして一枚のスプリングコートという名の空気を纏う 

なで肩に羽織るジャケット少しずつ脱がされながら行く向かい風 

カッコよく決めた前髪覗いてるパーテーションの向こうに主任 

一斉に咲く花々の勢いに付いていけずにセーターを着る