啄木たくぼくもきっと多動で根気なく短く呟くほかなかったんだろう 

 

  由宇

  しろう