蚊と僕の命が等価であるならばこの血できみが穢れませんよう 

 

  紗里菜

  灯屋