アイロンの余熱でプレスするように少し続いた逢瀬を思う 

  桃源郷