いつの日かうなじの辺りが裂けるはず よれた翼で空を飛ぶのだ 

  あいう

  野原ぴろし