一瞥も呉れずに飴を放り込むそうでありたい諸行無常に