酸性が彼女を青く染めている自我の主張を雨音に投げ 

  どんぐりコロ助