死の帳 降りつるころに 思い出す 人の好意を 拒み続けて 

  灯屋