待ちし時われをいだきしその腕は流れ星のごと黒に消えゆき  

  紗里菜

  さいおん