切れ端を摘む代わりに頬張ってあの子の舌が入ってきたの 

  紗里菜