フォロー 116 フォロワー 92 投稿数 67

四季の移り変わりと自然を題材にした歌を作っています。

鯉などのゆっくり泳ぎゆく池のめぐりをもっとゆっくり歩く 

揚羽蝶はばたきをやめ降りてくる風のながれのそのままの軌道 

コスモスの雑多に咲いた庭の辺に夏の盛りは遠ざかりつつ 

ささやかな色をのこして紫陽花の花 夏の陽に乾きゆくころ 

紋白蝶に指さしだせば触れそうで触れない距離をひるがえり ゆく 

山吹はひかりを求め生い茂る枝のゆくえもさだまらぬまま 

色づいた木の葉を透いて冬の陽は山茶花をあかるく照らしだす 

池の面に蓮の花びらとどまって静かに夏が終わろうとする 

アメンボは水の流れにさからって泳いでは同じ場所にもどって 

しらじらと咲く百合の茎縫いとめて小さな蜘蛛が巣を張っている 

あおあおと夏の蓮の葉かたむいて風のかたちを記憶していた 

新緑のどよめく道をゆきながら小さく礼をしてすれ違う 

蓮の葉は枯れかけていて軽ければ風の速さに煽られるまま 

いろいろな椿の花が咲いていてどの花もすこし傷ついている 

枯れてゆくコスモスの花たっぷりと花びらだけが潤っている 

あざやかな色をのこして太陽がすこしだけ早く沈みゆくころ 

秋の陽はきめやかに差し楠の影に隠れてゆく人の影 

夏の音に耳をすませば蝉ばかり鳴く声に蝉の声が加わる 

とことこと身体の軸をみださずに扉のしたへきえてゆく ねこ 

山吹の花びらのゆらめいていて風は風としてそれはそれとして 

古ぼけた赤屋根に紙垂はためいて黒猫はまだこちらを見てる 

色褪せた花びらがなお紫陽花の花のかたちを彩っていた 

五月雨にささやかな影落としつつあなたとあなたの話がしたい 

青条揚羽アオスジアゲハの青あざやかに閃いてあたらしい夏のおとずれを知る 

しじみ蝶は絡みあい離れあいながら草々のさきにふれてはなれて 

揚羽蝶の翅おだやかに振動し何かが始まろうとしている 

新緑の深まるときに蝶はたかくどこまでたかく飛べるのだろう 

芥子の花ひとすじ伸びて吹きわたる風つよければ折れそうなほど 

くすのきの葉がつぎつぎと落ちてきて枯れつくすほどのことではなくて 

傾いた太陽の色に山吹の花々のかさなってゆくころ