落日平民  フォロー 0 フォロワー 0 投稿数 441

万葉の歌人に倣い人生を優雅に送る術を学びて

この世には 制限だらけ 窮屈で 使い回しに へとへとでっせ 

鳴かぬなら 誰も聞こえぬ 呟きを 鳴けば誰かが 聞くかもしれず 

恩返し できないけれど 母の愛 確かに悟る この歳になり 

報われぬ 愛などとっく 捨てるべし 人の固執に 訳もありなん 

死ぬ日まで 希望を持ちて 生きるため 人の本分 果たすのがよい 

悲しみは 望みを絶たれ 諦めて 肩を落として 項垂れたまま  

パワハラを 見て見ぬふりに する君ら 同罪だとは 思いませんか  

人間が 人をなじりて 貶す時 裁判官か 地獄の獄吏 

権力は 人の心を 鬼にして はたまた鬼は 権力が好き 

パワハラを 止める手段は なかりけり 社長であれば 訴えられず 

音楽は 聴かれるために あるように 人は愛され 愛するために 

欲張りは 満足知らず いつまでも 感謝を知らず 幸福知らず 

容姿など 気にするもんか されどまた もてる男に なりたいもんだ 

凄まじき 生き方をして 死に果てて 手元の残る 愛する人よ 

幸せは 快感などと 違うもの 永遠に続いて 増え広がりぬ 

幸せは 家族を持てば わかるもの 永遠に続けと 必死に祈る 

思い出せ 家族がいたよ 小さくて 可愛い笑顔の 幼子たちが 

悲しいと 言われついでに 出て行けと 言われそうだな 散々な目に 

一生を 走り終えたら 奇跡なり 誰も愛せず 愛されずとも 

現実を 思い返せば 体力が なくてはないも 始まらないぜ 

愛と欲 絡めば糸は 縺れつつ 解れることも あるはずもなく 

体力を つけるためにも 睡眠を 薬漬けでも 健康ですか 

真夜中に 地響き立てて 雨が降る 夏来りなば 梅雨の始まり 

他人のため なにかよいこと できるなら それが一番 するべき仕事 

いつだって 周りに人が いるならば その人のため よいことをする 

どんとこい どんなもんでも やって来い 受け止めてやる へこたれるなよ 

強くなれ 他人を支える 大きさと 懐深さ 愛情深さ 

強くなれ 悲しみを捨て 憂さも晴れ 笑ってしまえ 大きく包め 

強くなれ 己に負けず 貫徹し 他人にも負けず 大きく包め 

明日は死ぬ だから何だよ 今日を生き さよならなどは 言わなくてよし