本棚の中の一番奥の本まるで見たくもない想い出のよう